Monumento

kawa_sanpo

2016/04/23

Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 王 生 通 の由来
壬生通は江戸から日光に向かう街
道の一つである。
日光道中の小山宿から分かれ、やや
西方を北上し今市宿で合流して日光の
詳石に至るその中間に壬生宿があり、
そこには壬生城もあって、主要な地で
あったから壬生通と呼ばれた。
将軍の日光社参には、往路では岩槻
・古河・宇都宮の三城を宿所として回
光の山内に入るのが例であったが、帰
遂には壬生城を宿所としたこともあっ
て壬生通を通行したこともあった。
「この沿路には、幕末に水戸の天狗党
の立て籠もった大平山、国分寺遺跡、
思川、あるいは愛宕塚・牛塚・車塚の
古墳など、見るべきものも多い。
「また金売吉次や源義経にからまる伝
説も残されている。
この絵図と対照されながら旧街道の
現場との対比を試みられたならば興味
深いと信ずる。
バルーン5m2)
王 生町

Texts

monumento
2018-03-28 12:16 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町