Monumento

kawa_sanpo

2016/04/23

Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 医王山 興生寺の由来
当寺の開創は、平安時代の初期大同
二年(八〇七)と伝え、その後室町期
の文明十二年(一四八O)秀海法印に
よって中興され、当時王生の地を領し
た戦国武将王生家、とくに三代目綱房
公の時代にその外護により寺格が整っ
たという。
現本堂は元禄年間に再建されたもの
を三百年振りに平成十五年、更に改修
復元工事を行ったものである。
本尊は大日如来、また瑠璃殿には薬師
如来、十二神将、聖観音と六観音を奉
安し、下野三十三観音霊場第二十一番
札所となっている。江戸時代まで代々
壬生城主の祈願所であり、真言宗檀林
所の格式を有し、徳川幕府より御朱印
寺院として認められた。又、京都醍醐
寺より菊の紋章、門跡号の使用を許さ
れ、末寺三十二か寺を有した。現在は
真言宗智山派に属している。
王生町観光協会

Texts

monumento
2018-03-28 12:36 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町