Monumento

kawa_sanpo

2016/04/23

Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 曹洞宗 豊栖院の由来
尚院は、旧城址の南に在の上の原と
称していたが、明治九年地租改正によ
の字雷電となり其の後、昭和五十九年
住居表示の変更により本丸二町目とな
る。尚院は過ぐる嘉永六年旧十二月二
十八日伊勢屋火事に遭い堂塔伽藍旧記
古画類悪く鳥有に帰し創立その他年代
等明らかではない。然し伝う所によれ
ば元天台宗寺院にして本町藤井馬場に
あった由。其の後、日根織部信州高浜
より移封するに及びその令室である王
生筑後守胤業の嫡女深く禅宗に帰依し
党塔を藤井の地より壬生町三の丸に移
し永正七年常楽寺三世雪江良訓和尚を
請して開山とし、現本堂は文久二年二
十四世雲外和尚の手によって再建され
現在に及んでいる。
王生町観光協会

Texts

monumento
2018-03-28 12:36 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町