Monumento

kawa_sanpo

2016/04/23

Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated せいちゅう
「じんじゃ
戸橋志神社
せいちゅうれいじん

祭 神 精忠霊神(島彦左衛門元志会)
九周回 前夜祭
察回。
「九月八日 本 祭 (えは戦死回、旧暦八月(8)
由 一緒
正徳二年(
1年)それまでの城まか藤氏は近は国水へ
同所から島式が子生藩へと国替えとなった。
島志英は子生城内家光の隅に、その孤島秀な衛門
元応を祀る。
寛政十一年(そ九九年)神祇管領を国家より「精志霊神」
の神学を受ける。
嘉永二年(一八四九年)現在の地に透し社殿を改める。
祭神鳥居元忠公は徳川家康の命を受け伏見城の主務として
豪快年(一六○○年)法軍の城攻めを死守し自刃した。
関ヶ原の戦いの前隣戦であった。
その後、徳川のせとなると元志公の戦功を徳川家は蒸し、
長男志政を磐城で十万るのち山形で二十四万るを過された。
尚、鳥家は志英よりも、頭に維新まで子生城主を務めた。
子生鳥式 永寄(万る)、高[四万八千る)

Texts

monumento
2018-03-28 12:36 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町