Monumento

kawa_sanpo

2016/04/23

Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 紫雲山 壬生寺の由来
(七九四、江戸時が門跡天
壬生町観光協会
壬生寺は、慈覚大師円仁の御生誕地
(七九四年)として信仰されて来ました。
大師堂は、江戸時代貞享三年(一六八
六年)日光山輪王寺門跡天真親王が王
生城主三浦壱岐守に命じ再興し、側に
小山市飯塚の台林寺を移し別当とした。
その後、大正二年(一九一三年)大師千
五〇年御遠忌に、壬生町信徒が慈覚大
師報恩会を組織し、町民協力し東京上
野寛永寺内の天台宗学問所(旧勧学寮)
を移築して本堂とする。
大正五年新たに王生寺を創立し現在
に至る。尚、境内には慈覚大師産湯の
井戸がある。本堂には大師が唐より持
ち帰り植えた樹齢千年の白檀の木で作
られた大師像が安置されている。

Texts

monumento
2018-03-28 12:37 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 壬生町