Monumento

kawa_sanpo

2016/04/23

Tags: ocr-generated 栃木県 小山市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 日光街道西里塚(史跡)
一里塚は、一里(約四キロメートル)ごとのし
るしとして、道路の両側に木を植えた塚をいう。
慶長九年(一六〇四)、徳川家康は後の二代将軍
秀忠に命じて、江戸日本橋を起点とし東海道・東
山道・北陸道にエノキなどを植えた一里塚を築か
せ、全国にこれを普及させた。
エノキが一里塚に多く植えられたのは、根が深
く広がって塚を固め崩れにくいことにあった。
一里塚は旅人には、里程や乗り賃を支払う目安
となり、日ざしの強い日には木陰の休み所ともな
った。
この一里塚は、日光街道の脇道である王生通り
にあり、喜沢の追分を過ぎて、最初に位置する
里塚で、次の飯塚一里塚へと通じている。飯塚宿
が承応三年(一六五四)に伝馬宿になるから、この
「ころまでに一里塚として整備されたようだ。
両側二基の塚は直径約三三、高さ約一・ハメ
ートルで、東側が一部崩れているが、西側は当時
の様相を呈している。
指定年月日 昭和五八年二月1日
所 在 地 小山市大字喜沢八ol-1番地他
所 有 者 小山カントリークラブ
小山市教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 12:38 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 小山市
kawa_sanpo (2016/04/23)
Tags: ocr-generated 栃木県 小山市
kawa_sanpo (2015/07/19)
Tags: ocr-generated 栃木県 小山市
kawa_sanpo (2015/07/19)
Tags: ocr-generated 栃木県 小山市