Monumento

hanacoco

2016/04/16

Tags: ocr-generated 東京都 台東区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated おおとり
平成六年三月
る、子宝に恵まれるといわれる。
屋を控え、賑いをみせた。
守として尊ばれてきた。また、八ツ頭は、人の頭にな
「かきこむ」といわれ、縁起物として商売繁昌開運の御
三の酉があると火事が多いと言われる。
熊手を売る市であった。その後、熊手は幸運や財産を
台東区教育委員会
「西の市は、当初、農産物や農具の一種として実用的な
一の酉、二の酉、年によって三の酉とあり、世俗に
した。浅草はとくに浅草観音・新吉原・猿若町芝居小
して発展し、足立区花畑を「大鳥」、浅草を「新鳥」と称
「酉の市は、江戸中期より冬の到来を告げる風物詩と
が十一月西の日で、以後、この日をお祭と定めたという。
東国征伐の帰途、熊手をかけて戦勝を祝った。この日
ある。社伝によれば、天之日鷲命の祠に、日本武尊が
明治のはじめ「鷲神社」と改称された。
鷲神社
祭神は天之日鷲命・日本武尊の二神。草創は不明で
鷲神社は、江戸時代「大明神社」と称されていたが、
台東区千束三丁目十八番七号
あめのひわしのみことやまとたけるのみこと
あしだいみょうじんのやしろ
OTORI SHRINE
There are two gods to which the Õtori Shrine is dedicated Amenohiwa-
shi-no-mikoto and Yamato-takeru-no-mikoto. According to the legend
of the shrine, Yamato-takeru-no-mikoto felicitated his victory on his way
back from his expedition by hanging a rake on the small shrine for
Amenohiwashi-no-mikoto. It occurred on the Day of the Cock in November,
so that the day was subsequently chosen as the date of the festival. The
Cock Fair was developed in the middle of the Edo era as the poetical
feature foreboding the arrival of winter. There is the First Cock Fair, the
Second Cock Fair and, depending on the year, the Third Cock Fair. The
year having the Third Cock Fair is said to have many fires. Originally,
the Cock Fair was a fair to sell rakes for practical use as a kind of agricul-
tural product or implement. Subsequently, a rake was said to be useful
in collecting fortune and assets. Therefore, it has been regarded as the
charm for bringing about commercial prosperity or luck.

Texts

monumento
2018-03-28 12:39 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2016/04/16)
Tags: ocr-generated 東京都 台東区
hanacoco (2016/04/16)
Tags: ocr-generated 東京都 台東区
hanacoco (2016/04/16)
Tags: ocr-generated 東京都 台東区
hanacoco (2016/04/16)
Tags: 日蓮 日乾上人 鷲妙見大菩薩 酉の市 東京都 台東区