Monumento

auto-translate Field pass Nakasen-do is known a...

shijia

2016/03/21

Tags: 中山道 板橋宿 戸田の渡し 蕨宿 auto-translate 渡し 戸田教育委員会 埼玉県 戸田市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Field pass Nakasen-do is known as Kiso, Kiso-Kaido, Kyoto and Edo was struck as a road through the mountains. As the road is the 0/1602 (1602). More than 67, the station counted more than ten large and small river, the Arakawa, was located out in Edo. Could not get 寄razaru as passing by the boat people here more than a bridge was built over in this Arakawa from Edo defense. This is the nakasendō, passing of Toda.
And between: warabi-shuku and out of Edo Japan bridge, in the first of Itabashi-shuku was also a transportation hub. This passed the according to article heaven positive year (1573-91) referred to its importance has not changed throughout the Edo period, and thereby. Boathouse management under Toda village, 0/1842 (1842), was a home Union 46, 226 people. During its solo kumigashira (Manager of the boathouse), eight ferry, 小揚ge laborers 31 people.
The number of ships 0/1742 (1742) was the three boats are 13 boats and increasingly 0/1842, increase the traffic of the Nakasendo. The ferry terminal has also functions as the major point of utilizing the Arakawa River, as the Toda River Park and the banks of the shogunate official recognition are 0/1772 (1772). There are 5 rivers wholesale 0/1832 (1832), and neighboring merchants had been trading extensively.
Crossing these landscapes, "Eisen Kiso-Kaido 6; 9:" can remember watching at the time depicted in the color print. Nakasendo Road traffic also increases over time, and at the Meiji era, 0/1875 (1875) on may-Mok Gyo Toda bridge was finally completed.

Repeal was passed by toda's has a long history here. 1/2014 Toda Education Committee.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 字段传递
中仙做被称为木,木街渡、 京都、 江户震惊翻山的一条路。 因为这条路是 0/1602年 (1602)。 超过 67,车站计数十余大和小河,荒川,位于江户。 无法获取寄razaru 作为路过这里船民比在这荒川从江户防御建在一座桥。 这是 nakasendō,户田的传递。 之间 ︰ 蕨珠玖从江户日本桥在板桥珠玖第一也是一个交通枢纽。
这通过根据文章天堂积极年 (1573年-91) 提到它的重要性并没有改变整个江户时代,并从而。 船屋管理 0/1842年户田村庄下的 (1842 年),是回家的联盟 46,226 人。 在其独奏 kumigashira (船屋的经理),八个渡轮,小揚ge 劳动者 31 人。 0/1742年船只的数目 (1742) 是将三条船 13 船和日益 0/1842 年,增加 Nakasendo 的通信量。
轮渡码头也有功能作为重要的利用荒川河,户田河公园和幕府官方认可的银行是 0/1772年 (1772)。 有 5 河流批发 0/1832年 (1832 年),和邻近的商人已经广泛交易。 穿越这些景观,"艾森木街渡 6; 9:"可以记住以颜色打印的时候看。
Nakasendo 道路交通也会增加,随着时间的推移和 0/1875年明治时期 (1875) 在五月莫娇户田大桥最后建成。 通过废除户田拓夫在这里有着悠久的历史。

1/2014年户田教育委员会。

戸田の渡し
 中山道 は、木曽街道・木曽路と呼ばれ、山々の間を縫う街道として、京と江戸を結んでいました。街道として整備されたのは、慶長七年(一六〇二)のことです。宿駅は六十七、超える川は大小十以上を数え、荒川は、江戸を出るところに位置してました。この荒川には江戸防衛の意味から橋が架けられず、人々はここを超えるには船による渡しにと寄らざるを得ませんでした。これが中山道「戸田の渡し 」です。江戸日本橋を出て最初の宿場である板橋宿 と、次の蕨宿 の間にあり、交通の要衝でもありました。
 この渡しは、資料によると天正年中(一五七三~九一)よりあったとされ、その重要性は近世を通じて変わらなかったといいます。渡船場の管理は下戸田村が行っており、天保十三年(一八四二)では家和四十六件、人口二百二十六人でした。その中には、組頭(渡船場の支配人)一人、渡船八人、小揚げ人足三十一人がいました。船の数は、寛保二年(一七四二)に三艘だったものが、中山道の交通量の増加にともなって、天保十三年には、十三艘と増えています。
 また、渡船場は荒川を利用した舟運の一大地点としての機能も有し、戸田河川場として安永元年(一七七二)には幕府公認の河岸となっています。天保三年(一八三二)には五軒の河川問屋があり、近在の商人と手広く取引を行っていました。これらの渡船場の風景は、「渓斎英泉の木曽街道六捨九次」錦絵に描かれ、当時の様子を偲ぶことができます。
 やがて、明治になり中山道の交通量も増え、明治八年(一八七五)五月に木橋の戸田橋がついに完成。ここに長い歴史をもつ「戸田の渡し」が廃止となりました。

 平成二六年一月   戸田教育委員会

Texts

shijia
2016-04-01 22:45 (1)
shijia
hanacoco
2016-03-25 20:49 (1)
hanacoco
shijia
2016-03-21 14:31 (707)
shijia

Comments/Photos

shijia shijia over 3 years

#<User:0x007f91c5636010> 中山道戸田船場場跡

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

shijia (2016/03/21)
Tags: 神社 auto-translate 水神社 水神宮 戸田市教育委員会 埼玉県 戸田市
kawa_sanpo (2016/10/16)
Tags: ocr-generated 埼玉県 戸田市
kawa_sanpo (2017/08/03)
Tags: ocr-generated 埼玉県 戸田市
shin_chan (2018/04/05)
Tags: auto-translate 39 橋 花崗岩 戸田市教育委員会 東京オリンピック 埼玉県 戸田市