Monumento

開運橋の歴史

kochizufan

2016/01/30

Tags: ocr-generated 岩手県 盛岡市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated かい うん ばし


橋の歴史 Preserversionarise
The History of Kaiun Bridge
开运桥的历史
開運橋的歷史
そら青く
冬をもたらす
らむぷゆかしき
開うんば
せとものの
この短歌は宮沢賢治がニ
代自開運橋の秋に設置さ
れた瀬戸物製のランプを
眺め詠んだものです。
宮沢賢治
初代開運橋 1890年(明治23年)
初代の開運橋は、盛岡駅開業に伴い当時
の岩手県知事石井省一節が中心となり、私
費を投じて長さ 50 (90m)、幅 27 R
(8.3m)の木橋を約 45 日間の短期間で建
設したものです。
当時の橋は有料で通行料1銭を徴収され
たと言われ、完成の翌年に華料となり,そ
の後 1900 年に暴に輸入されました。
※写真出典 盛岡駅前商店街振興組合
二代目 開運橋 1917年(大正6年)
初代の開運橋が洪水のたびに被害を受け通
行が途絶えたことも多かったことから、近代
様式の永久橋(2棲間プラットトラス橋)に
架け替えられました。
橋の長さは82.4m, 縞 は 13m で、本連初
の本格的な鋼橋で注目を集めたとすわれてい
ます。
橋の正面には大きな橋銘板が掲げられ、橋
の狭には瀬戸物製の油妻付きランプが灯され
るなど装飾美が自慢の橋梁でした。
※写真出典 郷土文化研究会発行『図説 盛岡四百年下巻 [II]』
三代目 開運橋 1953年(昭和28年)
現在の開運橋は、急激な文通量の増加によ
る損傷に対応するため、剛性の強い「簡単純
下降式ランガ - トラス+2 後間鉄筋コンク
リートT桁橋」に架け替えられました。橋の
長さは 82.5m、幅 は 18.2(4車線)に広
がりました。
外観はアーチ型で、岩手山と北上川の眺望
に和した条しい味となっています。
平成27年3月撮影
~二度泣き橋~
| 岡運橋は別名「二度泣き橋」とも呼ばれています。盛岡へ転勤してきた人が開運橋を渡りながら、
速く組れた所まで来てしまったと涙を流し、再び命を受けて盛岡を離れる際には、今度は去り館
くて開運橋の秋から岩手山を見上げて涙を流すというものです。
平成 27 年 12月
岩手県盛岡広域振興局土木部

Texts

monumento
2018-03-28 12:44 (0)
monumento

Comments/Photos

kochizufan kochizufan over 4 years

開運橋の歴史

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

tokada (2019/01/10)
Tags: 神社 明治天皇 八幡宮 誉田別命 岩手県 盛岡市