Monumento

hanacoco

2016/01/28

Tags: ocr-generated 東京都 港区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 元赤坂地区の歴史
紀伊国坂
のっぺらぼうが図たところ
八雲の「むじな」で、
の舞台となっている
裏伝馬町界隈
「半七捕物帳」や「類人性無機」
松田平田設計発祥の地(1931)
江戸末期(1862年)と現在の地図
(東京池上此料制作
幕末の春麗 (1860年代)
市販門からの開め FAアト最悪
開国前書管用部所蔵」
明治9年(1876年)
■当に躍がっていて、青山通りはまだ無い
「東京都港部上前料館所蔵)
大正10年(1921年)
■画は埋め立てられ、青山通りに鉄道が重かれた
(東京都港事上置料館所蔵」
江戸時代末期と比べると、元市販地区の地質がほとんど載っていないことが判る。更に古い地図に
よると、その原型が固まったのは17世紀前半(I戸時代初期)にまでさかのぼることが出来る。
「元春域」という地名は、元は今の千代田区内にあった町地が、家康の入軒以権江戸城総構え工事の
際にこの地に移転されたものである。またこのときの工事の際、外藩に語って土置場に使用された
赤坂門外の剛地を、伝馬役高野新衛門等が拝領し、寛永14年春報伝馬町五丁・春取町五丁が起立し、
武家方面着屋重となった。その後、・大正と町名の変遷を経て、昭和41年(1966)の住居表示実施に
より取在の元事業地区となっている。
弊社は、昭和6年(1931) 松田軍平により
当時の赤坂丹後町に創設された後、産。
内幸町を経て、昭和35年(1960)より、
この地で活動を始め現在に至っている。
創立75周年を配色して、このパネルを制する。
2006年9月1日 株式会社松田平田設計

Texts

monumento
2018-03-28 12:46 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2015/12/20)
Tags: 坂 auto-translate 東京都 港区
hanacoco (2015/12/21)
Tags: 坂 東京都 港区
hanacoco (2015/12/30)
Tags: ocr-generated 東京都 港区
hanacoco (2015/01/18)
Tags: 大黒天 畑治良右エ門 畑治良右衛門 東京都 港区