Monumento

hanacoco

2016/01/24

Tags: ocr-generated 東京都 中央区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 本町通りと町年寄喜多村家
本町通りは、徳川家康が江戸の町善りに着手した時から江戸の中心となっていました。天正18年(1590走り関来に残我
なった家康は、浅草に抜ける本町通り沿いに全座や町年寄の屋敷地を下明しました。現在の大伝馬本町通り(当敷地北側の。
通り)です。関ヶ原の戦いに勝利した家康は、慶長8年(1603年)更に天下普請を開始し、新橋から神田まで南北に貫く
目抜く通りを造りました。これが現在の中央通りで、このとき日本橋が架けられました。翌慶長9年(1604年)日本橋に
五街道の起点が設定され、北に向かう中山道と日光街道はこの交差点で分岐しの日光街道は本町通りをとって東に向かい、
ました。天正から慶長の城下建設で、本行来の下で市街地造成と町割りなどに携わった樽屋 奈良屋・喜多村の三年寄が
江戸の町政を担うようになりました。書多村家の役者は当ビルの身近にありが初代彦右衛間の出身とは加貨金沢のだと。
伝えられています。
浮世小路と料亭百川でももかわり
福徳神社南側の通りは、江戸時代「浮世小路」と呼ばれていました。定期(1673~81年)
のエアの演安見図」には、
「うきよしやうじ」と記載されています。小路と呼ぶのは、この地に屋敷があった昨年寄喜多村家の出身地、加賀の。
方言によって発音されていたことを示しています。浮世小路の東端北側には、落語新の舞台としても知られる料亭百川が。
あったとされています。石川は法月屈指の料理茶屋として繁盛し、幕末にペリー艦隊が来航した時には、乗組員全員に
すべて自前で本膳を提供したほどのカがある科学でした。小路にあった福徳神社は小さいながら、遠い平安時代前期。
からこの地に鎮座していたといわれる由緒ある神社です。徳川家康をはじめ歴代将軍から厚く崇敬されましたが、
遷座や敷地の縮小を繰り返して、今日にいたりました。縁起の良い名前もあって、江戸時代には氏子である瀬戸物所や
伊勢町等の商人達から多くの信仰を集め、富くじ典行でも大いに賑わいました。ここ室町をはじめ日本橋地区で働くスクや
この地を訪れる人々が、福徳神社を非ごに集い、交わる場となることを願い、新たに広場と中央通りからの落
それぞれ「福徳神社広場」、「新予世小路と名付けました。

Texts

monumento
2018-03-28 12:48 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2018/07/15)
Tags: 森の風鈴小径 東京都 中央区
wawa (2018/07/15)
Tags: 東京都 中央区
wawa (2018/07/15)
Tags: 福徳神社 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
Tags: 徳川家康 太田道灌 東京都 中央区