Monumento

kawa_sanpo

2016/01/16

Tags: ocr-generated 群馬県 館林市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 終南山 見松院 善導寺
所宗
所 在 地 群馬県館林市楠町三六九二番
浄土宗
経典」 浄土三部経
由緒・来歴
【開創から明治まで】
当寺は、第四十三代元明天皇 和銅元年(七〇一)行基」闘によって開創された。
第八十二代笹原羽天皇 謹ス四年(一九二) 三月 嗣同見性法師、口県鎌の回識を偲び草庵を建して
高山の種個に覆え画守とし、浄業導し、スしく住した。
第九十一代変宇多天皇 運治二年(
一七六)十月日旗語の祖、最悪良願上人により再興され、日の
基となる大間」となり一同明修の道場として、温に初めて「南山見性院善導寺」と呼し、以復導士票に
関する寺院となった。夏競上人以前は、単に「行畑寺」とか「見性院」と呼ばれて来たという。
以来、三百余年間、代々の植主(由良氏 長尾氏・赤井氏・北条氏男)当寺をや法久住の檀林として特に
丘置し、山門に制札を掲げ等の娘を禁じたが、元亀・天正の頃。下売上による無乱東西に広がるや、
当寺も荒れるに任されるに至った。
環成天皇 天正十八年(一五〇)徳川家康四天王の一人、榊原康政優胆群十万石に赴任するや。広
組師に回る地域開発に手した。 時同じ頃、学博義の高価、輸随順上人は予てより行基菩薩様の
地台風流祖運堂の再興を念願としていたが。頭政優開く上人に帰依し、当寺域を越の地に移し本堂
を初め七望館並びに付属望手を羅備し、上人を中興第一世と定め榊原家の香華寺とし百石を付目された。
後水尾天皇元和元年(一六一五)家公は、旧姓松の「松」に十八公の警在るに因んで関東に十八
の種選定に当りその「に加えられ、これを機に当寺の続編「見性院」を現在の「見松院」に改められた。
「後光明天皇 正保元年(一六四四)榊原家三代悪次優館林在師二十八年、奥州白河への移封の折徳川三代
将軍家光公より供田百石と諸役免除のご朱印を賜り、以来、吾将軍時々の主当寺を遇すること厚く、以後
二百余年間、歴代住職法燈護持に尽力し層林としての義務を果たし数化当地に暫く及ぶに至った。然しなが
ら幕末の動乱幕藩体制の崩壊 - 開設釈等によりその影画大なるものがあり次第に気通することとなった。
明治維新を迎え瀬く体制も整い近代国家への脱皮と共に社会秩序も平穏となり、大正・昭和時代へと変遷
したが、この間当寺は常に地域社会の要望と共に歩み続けてきた。
【明治以降の歩み】
* 明治二年(一八六九) 二月二十三日、明治天皇より勅願所の論旨を下賜される。
*明治四十年(一九〇七)寺域の一部に日清製粉を誘致。
* 明治末~大正時代 東武鉄道の誘致、場内中央部に館林駅建設を有志と共に図り、当地域の経済・
文化の発展の厚となした。
昭和に入り、西暦一九二九年(昭和四年)に始まる世界的規模による経済大恐慌、昭和十二年(一九三七)
日中戦争、同十六年(一九四)第二次世界大置勤発、同二十年(一九四五)六月十五日終戦、同時に連合
軍による国内進駐。連合国観司令官総指令(GHQと称する)の設置、続いてGHQの指令により適
制度の改革が行われ、演中間地解放は広大な境内敷地・建物等、維持管理の為の屋本的財源を失うこととな
り、修理すら出来ぬありさまで茫茫として荒れるに任せる状態であった。現住贈(第七十七世英響)昭和
三十四年(一九五九)、先住恩盛上人よりその霊を承継するや、再建の途につき野意努力し当寺山門外に
在った不画 - 弁天両堂を山門内に移転・耐急の修理を施し、長年通行の用に供し分断され、境内として使用
しない境内地等の整理・本堂大屋根の融細等を行い、残る境内地三千余坪に、保育園の改築・亜種の改
梁等手掛け。「日は旧地での再建に踏み切った。然るに、昭和五十四年(一九七九)都市近代化を推進す
る館林市より「即林駅広並びに駅前通り線拡幅事業」化に向けての協力要請があり、当寺役員会は諸事細
の結果公共に立って旧地(館林駅前)より全面移転することを決議した。
ここに「昭和大移転再建事業」は発足、昭和五十八年十一月当地において地鎮・工式を挙行、平成二年
秋、風温度式を目標として本事業を推進し成満したものである。
本移転再進に当たり特に留意したことは、境内建物・彫像・彫刻類について破損甚だしきものであっても
何とか修復出来るものについては、先人の文化的遺産として後世に伝えるべく努力すること・彩色について
は四百年前の色調を忠実に再現する二点とした。
【事業の大要】
* 当院内地の犯象となった開発地全域に付き。土地改良を行った。
* 本堂は鉄筋コンクリート造、屋根は飼板置きとし内陣のみ旧内陣を修復して四百年前の形式を再現した。
* 山門不動堂・薬師堂・弁天堂 - 富士見門は、ほぼ旧来のとおり個元した。
* 観音堂・ 庫裡・収慰画・閲側門・電井等は新築とした。
勢至堂は旧城内庫裡のお内佛間と玄関唐破風を利用して新築した。
「英記
平成元年五月吉日
「規模」
堀内建物 本堂外十六極
円誰0、五ニー平ホ
離党政権三三九四四ネ

Texts

monumento
2018-03-28 12:49 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/01/16)
Tags: ocr-generated 群馬県 館林市
kawa_sanpo (2016/01/16)
Tags: 七福神 群馬県 館林市
kawa_sanpo (2016/01/16)
Tags: ocr-generated 群馬県 館林市
kawa_sanpo (2016/01/16)
Tags: 館林市教育委員会 藤原重次 群馬県 館林市