Monumento

kawa_sanpo

2016/01/16

Tags: ocr-generated 群馬県 館林市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 藤野天光(ふじのてんこう)
明治36年(1903)、館林町裏宿(現・館林市城町)に生まれ
た彫刻家。本名は隆秋、号は舞正、のち天光と改めます。
昭和3年(1928)、東京美術学校(現・東京芸術大学)塑造部
を卒業し、北村西望に師事しました。早くから頭角を現し、同
4年(1929)、「ときのながれ」が帝展に初入選。同13年(1938)、
新文展に出品した「銃後工場の護り」が特選に選ばれ、ニュー
ヨークで開催された万国博覧会に出品されました。
戦後になると、平和国家の建設には文化が第一と提唱し、文
化運動に心血を注ぎました。制作活動も活発で、昭和37年(1962)、
日展に出品した「ああ青春」が文部大臣賞を受賞、同40年(1965)、
日展に出品した「光は大空より」が日本芸術院賞を受賞しました。
その間、北村西望作の長崎の「平和祈念像」の制作筆頭助手を
務めています。昭和48年(1973)には、千葉県で開催された
国民体育大会のモニュメント「輝く太陽」および記念メダルを制作
しています。日展審査員や理事を務めたほか、日本彫刻家連盟(現
・日本彫刻会)、千葉県美術会、群馬県美術会などの結成と運営に
あたるなどしましたが、昭和49年(1974) 12月30日、千
葉県市川市のアトリエで逝去し、翌50年(1975)、勲三等瑞
宝章を贈られました。

Texts

monumento
2018-03-28 12:49 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/01/16)
Tags: ocr-generated 群馬県 館林市
kawa_sanpo (2016/01/16)
Tags: ocr-generated 群馬県 館林市
kawa_sanpo (2016/01/16)
Tags: ocr-generated 群馬県 館林市
kawa_sanpo (2016/01/16)
Tags: 館林市教育委員会 藤原重次 群馬県 館林市