Monumento

auto-translate While faith stone

kawa_sanpo

2016/01/13

Tags: 杉並区教育委員会 庚申信仰 東京都 杉並区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate While faith stone
Stone has been erected here is 0/1713 (1713) inscription, 0/1694 (1694) koshin Tower of excellence, 0/1670 (1670) inscription, 0/1721 (1721) Amitabha Tower of Ming and 0/1728 (1728) inscription Memorial Tower, five. Koshin belief "to outlive koshin night wearing kingo blot should be staying up all night, doing some good" that is started from the theory of Taoism in China.
From it spread to Japan, medieval and after naraa Buddhist and Shinto beliefs spread among the common people, and Kongo Temple during the Edo period, non-see (mizaru) and 不聞 (no), placed the chicken in silence (iwazaru) three wise monkeys and the Moon tower was built in General.
Daijionji light illuminate Buddha, greeted resets not to vow power stuck up and believe in Buddha, just chant even Buddha, Amida Buddha Amitayus square and to do penance gain;
Seems that, built around those stone pagodas are around said teramura bushu minamitama-gun-by local people, praying for village safety and flee evil disease.
0/1967, revered by the phase time, DW was facing South toward the ringed No. 7 line improvement was especially praying for the safety.
From 0/1982 and 11/23 celebration day, now hand out notes or your offerings.
3/1983 Board of education of Suginami-Ku

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 而信仰石头
石头竖立在这里是 0/1713年 (1713) 题字,0/1694年卓越,0/1670年 (1694 年) koshin 塔 (1670) 题字,0/1721年 (1721 年) 阿弥陀佛明塔和 0/1728年 (1728) 铭文纪念塔、 五个。
Koshin 信仰"要活得比 koshin 晚上戴着金吾污点应该熬夜通宵,做一些好的",从中国道教理论开始。 从它传播到日本,中世纪后纳拉佛教和神道教信仰流传、 普通民众和金刚寺中的江户时期,非见 (mizaru) 和不聞 (没有),放置在沉默 (iwazaru) 三个智慧猴鸡和月亮塔建成一般。
Daijionji 的光芒,照亮佛,迎接重置不发誓权力被困和信奉佛,只是唱颂甚至佛,弥陀佛无量寿广场并做些苦行获得;
看来,围绕古塔是说寺村部署与北宋武将 minamitama 枪由当地的人们,祈求村庄安全周围那些石头和逃离恶病。
0/1967 年,崇敬的阶段的时候,数据仓库朝向南环状号 7 线改进尤其祈祷的安全。
从 0/1982 年和 11/23 的庆祝日,现在手出笔记或您提供的内容。
3/1983
杉并区教育理事会

民間信仰石塔
 ここに建立されている石塔は正徳三年(一七一三)銘、元禄七年(一六九四)銘の庚申塔、寛文十年(一六七〇)銘、享保六年(一七二一)銘の阿弥陀塔と享保十三年(一七二八)銘の供養塔圭五基があります。
 庚申信仰 は「長生きするためには庚申の夜は身を謹しみ、諸善を行い、徹夜をすべきである」という中国の道教説から始まったようです。それが日本に伝わってからは、中世以降仏教や神道の信仰と習合して庶民の間に広まり、江戸時代には本尊を青面金剛とし、不見(みざる)・不聞(きかざる)・不言(いわざる)の三猿と日月に鶏を配する塔が一般的に造られるようになりました。
 阿弥陀如来は四方極楽世界の本尊とされ、他力往生の誓願をたて、この仏を信じるものは、ただ念仏さえ唱えれば難行苦行を積むまでもなく、仏が大慈の光明を照らし、お迎えくだされるとされています。
 これらの石塔は、この辺りが武州多摩郡高円寺村といわれた頃、地域の人々によって、悪病退散・村民安全などを祈願して建立したものと思われます。
 昭和四十二年、崇敬者が相計り、特に交通安全を祈願して南向きだった社殿を環状七号線に向けて改修整備しました。
 昭和五十七年から例祭日を十一月二十三日と決め、お札やお供物を配るようになりました。
昭和五十八年三月
杉並区教育委員会

Texts

tenma
2016-01-25 13:36 (554)
tenma

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

monumento (2014/03/17)
Tags: 蚕糸の森公園 蚕 東京都 杉並区
kawa_sanpo (2016/07/02)
Tags: 東京都 杉並区
sanpocafe (2014/09/13)
Tags: 東京都 杉並区
monumento (2014/02/18)
Tags: 太田道灌 東京都 杉並区