Monumento

auto-translate Cherry mouth ichiyo accommodation

hanacoco

2016/01/01

Tags: 樋口一葉 ゆく雲 御梵刹 浄土宗法真寺 桜木の宿 文京区教育員会 auto-translate 郷土愛をはぐくむ文化財 東京都 文京区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Cherry mouth ichiyo accommodation

Bunkyo-HONGO 5-27,-11
Ichiyo Higuchi (1872-1896) of the works in "clouds" in the following sentence. "Uesugi building next door is what sect or of at his temple, Temple and cherry variety planting my English, to look down from the second floor of this cloud shelf heaven pulls a similar place in the hip things Kannon having nurebotoke.
Around his shoulders, around my knees, roses roses and flower petals spilling over.... " Your Temple of Jodo sect of Shin-ji Temple in the nurebotoke this is now enshrined in the main hall next to the goddess.
In a copy of Konata and environment soon was on the East side of the House. Higuchi House was moved here in April, 0/1876 (1876), five years of 0/1881 (leaf 4-year-old and 9-year-old) lived.
Was in the period were stable, the richest for the leaf House. Leaf is waiting for former Maruyama Fukuyama 11/23/1896, (currently nishikata 1-17-8) in short but brilliant career is closed. Notes on last summer, wrote in the sickbed in this childhood home called "cherry Inn", 懐kashinnda.

Yado Sakuragi was in his left hand toward the Temple of true.
-Love to nurture cultural properties-
Education Committee meeting, bunkyo-Ku 3/2001

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 樱桃小嘴一叶住宿
都文京区本乡 5-27-11

樋口一叶 (1872年-1896 年) 的作品在"云"在下面的句子。
"Uesugi 大厦隔壁是什么教派或的在他寺,寺和樱桃品种种植我的英语,从这种云二楼往下看架子上天堂拉在髋关节事情观音一个类似的地方有 nurebotoke。 在他肩上,围绕着我的膝盖、 玫瑰玫瑰和花瓣蔓延......"
你寺的柔道属于哪个教派的善寺在 nurebotoke 这现在所载旁边女神大殿。 在 Konata 和环境的副本很快就是房子的东边。
樋口房子搬到这里今年 4 月,0/1876年 (1876 年),五 0 年/1881 (叶 4 岁和 9 岁) 的生活。 在期间是稳定的最富有的叶家。
等叶封闭前 Maruyama 福山 1896/11/23,(目前西片 1-17-8) 在短暂而辉煌的职业生涯。 去年夏天,注记在家里被称为"樱桃客栈",懐kashinnda 这个童年在病床上写道。 宿樱木在他的左手向真正的殿。

-爱培育文化属性-
教育工作委员会会议、 文京
3/2001

樋口一葉ゆかりの桜木の宿
         文京区本郷5-27-11

 樋口一葉(1872~1896)の作品「ゆく雲」の中に、次の一文がある。
 「上杉の隣家は何宗かの御梵刹さまにて、寺内広々と桜桃いろいろ植わたしたれば、此方の二階より見おろすに、雲は棚曳く天上界に似て、腰ごろもの観音さま 濡れ仏にておわします。御肩のあたり、膝のあたり、はらはらと花散りこぼれて・・・・」
 文中の御梵刹 がこの浄土宗法真寺 で、この濡れ仏は、現在、本堂横に安置されている観音様である。こなたの二階とは、境内のすぐ東隣にあった一葉の家である。
 樋口家は明治9年(1876)4月、この地に移り住み、明治14年までの5年間(一葉4歳~9歳)住んだ。一葉家にとって最も豊かで安定していた時代であった。
 一葉は明治29年11月23日、旧丸山福山待ち(現西片1-17-8)で短いが輝かしい生涯を閉じた。その直前の初夏、病床で書いた雑記の中で、この幼少期を過ごした家を「桜木の宿」と呼んで懐かしんだ。「桜木の宿」は法真寺に向って左手にあった。

-郷土愛をはぐくむ文化財 -
文京区教育員会
            平成13年3月

Texts

hanacoco
2016-02-17 10:11 (1)
hanacoco
yuraichan
2016-01-09 15:37 (500)
yuraichan
hanacoco
hanacoco

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2016/01/01)
Tags: 樋口一葉 ゆく雲 瀬戸内寂聴 東京都 文京区
monumento (2014/05/18)
Tags: auto-translate 東京大学 赤門 重要文化財 門 東京都 文京区
monumento (2014/05/18)
Tags: 番所 東京大学 赤門 重要文化財 auto-translate 門 東京都 文京区
wawa (2019/04/15)
Tags: 東京大学 赤門 重要文化財 武家屋敷 震災 薬医門 戦災 本郷通り 前田家 唐破風 徳川家 東大 通用門 加賀屋敷 東京都 文京区