Monumento

hanacoco

2015/12/30

Tags: ocr-generated 千葉県 船橋市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 市指定文化財(記念物・史跡)
昭和40(1965)年3月17日指定
管理者 葛羅の井保存会
かづ
葛羅の井
きゅうくりはらほんごう
旧栗原本郷
かつしかみょうじん み た らし
書締旧浦の御
こ さくみち
佐道の路
旧栗原本郷の葛羅の井は、葛飾崩神の御手洗といわれ、明神の旧社地東下の古作道の路
傍にあります。現在はコンクリートで固められた直径180cmほどの円い戸で、昔はこ
げんざい
ちょっけい
すいみゃく
りゅうぐうかい
の水脈が竜宮界まで通じているといわれていました。またいかなる日照りにも水が涸れる
ぎゃくしつ
おにり
しゅ
わずら
なお
せき ひ
しょくさんじん おお た なん
そうしろう
たの
き ごう
ことはなく、癖疾(腫。主にマラリアの一種。)を患う者がこの井の水を飲めば、治ると
もいわれました。
葛羅の井の前には、石碑があります。この石碑は文化9 (1812)年、蜀山人大田南
敵が本郷村の世話人惣四郎に頼まれて「葛羅之井」を揮毫し、銘文を選したものです。文
化10 (1813)年に刊行された鈴木金堤の『勝施國志手繰舟』に、早く
もこの石碑が紹介されました。また天保7(1836)年刊行の『江戸名所
図会』では「葛飾明神社」の中で、挿絵と共に「葛の井」として紹介されて
永井荷風と葛羅の井(『葛飾こよみ』より)
かんこう
すずき きんていかつしかず し た ぐりふね
てんぼう
かんこう
大早不調 湛平維門
豊姫所 神龍之淵
本鄉村中世話人想四郎
神祀瓊杵地出體泉
碑文
下総勝鹿 郷隷栗原
の実
さし え
文化九年壬申春三月建
名日葛羅不絕綿綿
南畝單撰
絶えざること綿綿たり
名づけて葛羅とう
甚平としてこれ円なり
たんこ
しもよこ
しんみり
います。
神龍の淵
大早にも潜れず
豊姫の蜜する所
地は闇泉を出す
神は杵(瓊瓊杵)を祀る
郷は栗原に隷す
下総の勝鹿(葛飾)
せん こ なが い か ふう ずいひつ かつしか
き おく
々の記憶から遠ざかっていましたが、戦後永井荷風が随筆『葛飾
読み下し文
めんめん
そんざい
みやげ
土産』でこの石碑を紹介したことから、再び世に知られる存在となりました。
船橋市教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 12:51 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2016/02/06)
Tags: ocr-generated 千葉県 市川市
wawa (2017/05/22)
Tags: 源頼朝 下総国府 治承 戦勝 祈願 以仁王 平氏 令旨 挙兵 安房国 千葉氏 国府台 武運長久 頼朝公 駒どめの石 auto-translate 39 葛飾八幡宮 千葉県 市川市
hanacoco (2016/02/06)
hanacoco (2015/01/18)
Tags: 延喜式 船橋大神宮 神楽 三代実録 下総国意富比神 意富比神社 神楽殿 水神祭 船橋漁港 船橋大神宮楽部 十二座神楽 船橋市教育委員会 auto-translate 千葉県 船橋市