Monumento

kawa_sanpo

2015/12/29

Tags: ocr-generated 東京都 千代田区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 千代田区指定有形文化財(工芸品)
指定平成十年四月
銅製梵鐘
法寺 林
この梵鐘は、銘文にある通り延宝 四年(一六七六)に鋳造されました。「新撰
東京名所図会』によれば、心法寺開山の然上人が慶長二年(一五九七)の起
立当時、三河国の春宝寺から本尊・堂字などともに梵鐘を持ち込み、しばらく
心法寺で使用したが、この梵鐘が破損した為、五世寂誉上人が改めて鋳造し直
すこととし、延宝 四年(一六七六)中、白坊において鋳造した、とされています。
本銅製梵鐘は、通高一六四・om、別の爪の下端の周がニホ九・五m、口径
八五・ハ価になり、竜頭は高ミー・om、髪、角、耳ともに大きく、頭髪から
連なるように中央に大増宝珠を据えています。乳については、直後ニ・ハ価、
高一・六畑の二段盛り耳形で、四面ある乳の間に五列×五行で社ニ五個、さら
に四ヶ所ある縦帯の上部に各二個づつ、合計10個を鏡面に施しています。
全体的に、江戸時代の梵鐘としては大きな部類の発録であり、形妻の点では比
較的長身・細身の形であるといえます。
鐘銘にある「治エ」椎名伊藤藤原吉寛は、神田錦町に居住した御鋳物師で、
神田錦町に、かなり大きな工房を構えていたものとされています。椎名伊藤華
原吉寛(あるいは良寛)は、延宝年間(一六七~八)から元禄年間(一六
ハハ~「toT)ころに活動し、江戸の鋳物師として比類無いほどの作品例を
残しました。彼の作品で、千代田区周辺に現存している銅製梵鐘としては、増
上寺(港区、延宝元年・一六七三)、三宝寺(練馬区、健室三条・一六五)、
寛永寺(台東区、延宝九年・一六八)、西運寺(新宿区、真家三条・一六八六)、
室後発(大田区、謎実九年・一六八一)、長明寺(台東区、天和二年・一六八)、
天真寺(港区、武四年・「六へそ)、東海寺(品川区、元禄五年・一六九二)、
などが挙げられます。
ほかに鐘銘についていえば、実に多くの入るが線刻されているのが目につき
ます。これらはこの謎を鎮達するに際してき棒をなした人々であると思われ
ます。これらの人の中には、謎の着るもの、数の無いもの、3文後のも
の、、泳るなどが選さし、また入るのほかにも「。いや、「八丁目念
議や法人、「念仏議なこともあり、様々な入さかこの謎の熱護に関わっ
たことを繰えてくれます。なお池の更には、「式が業察法事び文様よネ
深い入後発いみきのえもあり、これは「ふのさという恐るの発終的手
い父別として、来まの総業を数るとても美約議員がまいといえます。
こい、実験は、議会に線まし残きする数少ない 終代の王義議の
いてあり、また試練での発機としては淡いたき、さらにはかつての本で
要はいき談した熱いハメてみると本代表の選べまきえるふてく
こいてはいまいます
* *
千代田区教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 12:52 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/12/29)
Tags: ocr-generated 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2015/12/29)
Tags: ocr-generated 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2015/12/29)
Tags: ocr-generated 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2017/01/09)
Tags: ocr-generated 東京都 千代田区