Monumento

Mita (三田) is one of the oldest place-names in M...

hanacoco

2015/12/22

Tags: auto-translate 門前町 神領 月の岬 三田丘陵 加賀千代女 更級日記 港区旧町名由来板 東京都 港区

Guide plate text

Mita (三田) is one of the oldest place-names in Minato City. There were many places called Mita "御田" a long time ago in Japan. Later, a Chinese character "御" had been replaced with "三". In the Edo period this area was known as a moon viewing spot, and called "Tsuki-no-misaki" meaning "cape of moon".

(The Night of Edo in the Four Seasons A Scene of Moon Viewing at Takanawa)

The picture depicts visitors on a tea-house balcony who admire a moon rising above the sea.

Shiba-Mitakoun-cho
In 1640 Koun-ji Temple moved from Sakurada near the Castle of Edo to this place called Mita-hijirizaka. It became a temple town and both names, Mita and Koun, were combined.

Shiba-Mitadai-machi1-, 2- and 3-chome
(Shiba-Mitadai-Ura-cho changed its name to Shiba-Mitadai-machi 3-chome in 1953)

Located at the highest part of the Mita Hill, the town was called Mitadai-machi, meaning a town of Mita commanding a fine view.

Shiba-isarago-machi
Some people say the name of the town originated from "iisarafu", a word appeared in the classic literature Sarashina-nikki, and then, some people say the name of Chinese dweller "Imbeis" who came from Ming dynasty originated the town's name. There is no generally accepted opinion.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate ita(三田)是港区最古老的地名之一。很久以前在日本有许多名为Mita“御田”的地方。后来,一个汉字“御”被“三”取代。在江户时代,这个地区被称为月球观景点,被称为“月之披风”的“月之鸣”。 (四季江户之夜高轮月球之夜)图片描绘了茶馆阳台上的游客,他们欣赏海拔升起的月亮。 Shiba-Mitakoun-cho 1640年,Koun-ji Temple从江户城附近的Sakurada搬到了这个名为Mita-hijirizaka的地方。它成了一个寺庙小镇,两个名字,Mita和Koun,结合在一起。 Shiba-Mitadai-machi1-,2-and-3-chome(Shiba-Mitadai-Ura-cho于1953年更名为Shiba-Mitadai-machi 3-chome)位于Mita Hill的最高处,该镇被称为Mitadai-machi,意为米塔镇,享有美景。 Shiba-isarago-machi有人说镇的名字起源于“iisarafu”,在经典文学Sarashina-nikki中出现了一个词,然后,有人说明代来自中国居民“Imbeis”的名字起源于小镇的名字。没有普遍接受的意见。

三田(みた)
 三田は区内で最も古い地名の一つで、古くは、文献に「武蔵野国荏原郡三田(むさしのくにえばらぐんみた)」とあります。『御田』というのは諸国に多い地名で、神領(しんりょう)の呼び名であるとも伝えられています。後に『三田』の文字が使われるようになりました。
 三田丘陵 を横断して古代の奥州路(おうしゅうじ)、中世には鎌倉街道(かまくらかいどう )と呼ばれる街道が南北にはしり、今の第一京浜国道の東側は海でした。
 江戸時代、このあたりは月見の名所であったことから「月の岬」と呼ばれ風光明媚(ふうこうめいび)な場所として知られていました。
■芝三田功運町(しばみたこううんちょう)
 寛永(かんえい)十七年(1640年)三田聖坂(みたひじりざか)にそれまで江戸城近くの桜田にあった功運寺(こううんじ)がうつり(現三田中学校のあたり)、門前町 になったことに由来しています。
 明治二年、三田功運寺門前は三田功運町と改称されました。町名の由来となった功運寺は大正十一年(1922年)に現在の中野区に移転しましたが、町名はそのまま残りました。
■芝三田台町(しばみただいまち)一丁目・二丁目・三丁目(昭和二十八年 芝三田台裏町が芝三田台町三丁目になりました)
 三田丘陵 の最も高い場所にあることから、そのなのとおり三田台町となりました。
江戸の初めにたくさんの寺がこの地に移り、それに伴い街道沿いに町がつくられました。
 今もこのあたりには、加賀千代女(かがのちよじょ)の句「朝顔に つるべとられて もらい水」でしられる薬王寺(やくおうじ)、フランス公使館がおかれた済海寺(さいかいじ)など、由緒ある寺社が数多くあります。
■芝伊皿子町(しばいさらごまち)
 変わった地名ですが、江戸時代にはすでに町名となっていました。由来は「更級日記」にある いいさらふ が伊皿子になったという説や、伊皿子(インベイス)というなの明人が住んでいた、など諸説がありますが、定説はありません。町の中央には泉岳寺方面に下る伊皿子坂があります。
港区旧町名由来板

Texts

2019-04-11 16:06 (0)
wazhere
hanacoco
2016-01-06 21:00 (1)
hanacoco
hanacoco
2016-01-06 20:57 (112)
hanacoco
hanacoco
2016-01-06 20:45 (755)
hanacoco
ogaworks
ogaworks

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2015/12/22)
Tags: 東京都 港区
hanacoco (2015/12/20)
Tags: 縄文時代 竪穴住居 東京都 港区
hanacoco (2015/12/22)
Tags: 古墳 東京都 港区
hanacoco (2015/12/22)
Tags: 東京都 港区