Monumento

kawa_sanpo

2015/12/12

Tags: ocr-generated 静岡県 藤枝市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated た なかはんぼう じ せき
けんしょう ひ
田中藩勝示石(むかって左)・顕彰碑(むかって右)
務示石とは、江戸時代に、藩の領地の境界を示す標識として建てられたものです。
江戸時代の終わり項の弘化年中(1844~1848)、幕府の命令により木製の杭から石
製に改められました。「従是西田中領」(これより西田中領)の勝示石は、東海道沿
いの「法の橋」のたもと(現在の藤枝市医箱)に建てられていました。
「従是西田中領」の文字は、書の達人として著名な田中藩士、藪崎彦八郎東岳が書
いたものです。数崎の書は、中国、唐の時代の書の大家である、欧陽満にならった書
議です。歌陽論の書は、橋書の手本とされ、田中藩校日知館でも教えられていました。
明治時代になり役割を終えた勝赤石は、所在が不明になっていました。明治時代の
中ごろ、藤枝警察署長だった間信動は、勝示の書に臨んだ藪崎彦八郎が、誠意をもっ
て動んだ話にたいへん。感動しました。そこで。勝示石の行方をさがしたところ、経緯
は不明ですが水中の新川家にあり、そのようなものとは知らずに香脱石として使われ
ていました。
これらの業歴を記念して、明治34年(1901)、中郷(村)秋香(和歌や古典の研究
著・文学者)による文、多田親愛(明治政府の神祇官をつとめる、歌人・書家、とく
に和の市なのよ) により、 様が建立されました。
■和25年)石とは、田中にゆかりのある昔な自率であることから、
車中の車につき結中学校に移され、『有されてきました。平成2603月、
今後もト(正午ていたり、 田中下動に移しました。

Texts

monumento
2018-03-28 13:00 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/12/12)
Tags: ocr-generated 静岡県 藤枝市
kawa_sanpo (2015/12/12)
Tags: ocr-generated 静岡県 藤枝市
kawa_sanpo (2015/12/12)
Tags: ocr-generated 静岡県 藤枝市
kawa_sanpo (2015/12/12)
Tags: ocr-generated 静岡県 藤枝市