Monumento

kawa_sanpo

2015/11/01

Tags: ocr-generated 埼玉県 川口市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 川口市指定有形文化財 彫刻
源 長 寺の阿弥陀如来坐像
昭和53年4月5日指定
阿弥陀如来とは、無量光如来(無限の光をもつもの)、無量寿如来(無限の寿
「おんがん
たい
命をもつもの)とも言われています。また、阿弥陀如来は一切の衆生救済のた
めに王位を捨てて出家し、人々を救い浄土に往生させたいと48の誓願をたて、
長い間修行の後、西方極楽浄土の教主となった報身仏と説かれています。
当寺の本尊である阿弥陀如来坐像は、温顔で体躯は丸みを帯び、江戸時代初
期の作品と考えられます。様式的には、藤原期に盛行した定朝様式が忠実に表
現されています。木造寄木造で、法量は像高88.5cm、肘張り 54.6cm、膝張り
しようれんしやげいよろが
72.0cm、光背高 142.0cmを測ります。
像の背面には「聖蓮社問誉蔵含和尚」の朱字銘が記されています。問誉麓含
は源長寺六世天間の弟子で、寛文13年(1673) 5月5日に僅か21歳の若さで
入寂しています。また、この銘には、彼の菩提を弔うために30両が寄進され、
これを基にして本尊と光背が再興されたことが記されています。意含に関する
詳しいことは不明ですが、源長寺を再興した関東郡代伊奈氏の一族であろうと
川口市教育委員会
推測されています。

Texts

monumento
2018-03-28 13:04 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/11/01)
Tags: 板碑 塔婆 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2015/11/01)
Tags: 伊奈忠治 赤山麁絵図 源長寺間取絵図 伊奈忠尊 源長寺絵図 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2015/11/01)
Tags: 庚申塔 日光御成道 川口市教育委員会 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2015/11/01)
Tags: ocr-generated 埼玉県 川口市