Monumento

kawa_sanpo

2015/10/10

Tags: ocr-generated 静岡県 静岡市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated [は浄すど岡崎三郎信康郷]
待明宗本公か、まだ今川氏の人質として希十(静岡)にいた時、今川氏の「涙の場をめ
とりましたが(これか、後に「茶山沖前」とわれたうてす)、このうどの向に「麦を
数け、さて法に岡崎三郎信康と申しました。
平関の成団名は、ニ速(三河・遠州)の地に、徳川家康とよく争いました。そのため
宗本は、国の華、集団信まど結び、大窓の場には試援を得ようとして政略結婚を出
待本信の場と復させました。どころが信康は、豪衰てすこぶる剛勇な人でしたので
科袋の発い精疑心の深い信法とは、やるしなかったようでした。たまたま邸の山惑ど共
に訳せうに内通していると噂されたので、信さの怒りを買い「不埒なのは、ミ郎 徳速なり」
と、待はしきりに、家康に、我が子信康を討つようにと強硬に申し入れたのでした。
家康は、信康の人となりを信じていましたが、よむを得ず、す時、信康のいた遠州二俣城
に封入をうけて、心ならずも性にしてしまいました。それは、天正七年 九月十五日の
ことでした。
待康に仕えていた神t郎右ェ門店政は、信康のできあと、上州館林に整していまし
たが、 十一年家康にマされて、え能城の主をやぜられましたが、その折、信康の遠影及
そり受けまして、は浄寺に葬りました。
家康は、十に感後も、後々入を遣わして過ぎし日の非道を詫びていました。更には
家康が没し、駿府城が幕府の守る城となった後も、徳川家では代参をたててその金を
そうことを忘れませんでした。
そして、三代将軍家光の代に至って、は浄すの袋に英の気の使用を許可して、比の
地うの寺院の頭とさせました。当時は、は浄すに駿府から代参んが、上まで興てまて
舟に乗り乙川を下り、仲町 (今の清水銀座)にて下船し、は浄寺に参入したとのことです。
こうしては、時代は、は浄寺の前を通る本数え代の国の諸侯は、すべてる 地を過ぎる
時(今った場町通りが歩道であった)必らず、たる行列を一旦止めて、山にする
ことを例としていたとわれます。
「ス時において、法会を営む時は、駿府城より空護の士を派遣されたということでした。
ま塔は、山門を入ってすぐたまに、ス、脚後は、本学奥の位牌堂の中心に安置して
ございますので、あらば、おもてもうけて頂ければ、徳川家の為に、若くして接 性
となって散っていった信仰の霊も、さぞかし喜ばれることでありましょう。

Texts

monumento
2018-03-28 13:06 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/10/10)
Tags: ocr-generated 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/10/10)
Tags: ocr-generated 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/10/10)
Tags: 徳川信康 静岡県 静岡市
wawa (2017/10/15)
Tags: ocr-generated 静岡県 静岡市