Monumento

auto-translate Late of Matsubara (Hosoi Matsubara)

kawa_sanpo

2015/10/10

Tags: 徳川家康 徳川秀忠 東海道五十三次 江尻宿 樽屋藤右ヱ門 奈良屋市右ヱ門 守屋助四郎 清水青年会議所 辻地区まちづくり推進委員会 静岡県 静岡市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Late of Matsubara (Hosoi Matsubara)
0/1601 (1601), Tokugawa Ieyasu established a post town on the Tōkaidō, ejiri station was established, the 9 years (1604) 2 Shogun Hidetada to Edo Street reportedly completed the 17 years (1612), and after the pine trees on both sides of the highway construction magistrate appointed taruya Wisteria right ヱ, Naraya right ヱ gate performs a major renovation of the main highway as a peace journey to Edo fortifications with travellers.
On the detection of 0/1703 (1703), sunpu magistrate moriya Assistant Professor Shiro tsujimura units 110 houses according number length of 199 between 2 Shaku (about 360 us) pine (d) reportedly had 06 book sold Matsubara Matsubara rice crackers and tea.
At that time traveler, cool off in this Shoin in the summer, in winter a relaxation in recreational travel.
Thin of Matsubara is harvested as a raw material of pine oil (aircraft fuel) when the Pacific war as currently no mark.
Pine tree right now in 2/1992, Shimizu Institute of Youth Conference from donated and planted.
Tsuji in the District Planning Committee
--- Tokugawa Hidetada

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 晚的松原 (Hosoi 松原东)

0/1601年 (1601),德川家康建立炮击后的镇、 江后站成立,9 年 (1604 年) 2 幕府将军秀忠到江户街据报已完成 17 年 (1612 年),和松树上双方公路建设裁判官任命 taruya 紫藤右 ヱ 之后,Naraya 正确 ヱ 门执行一项重大革新的主要高速公路作为旅客的江户防御工事和平之旅。
0/1703 年检测 (1703 年),裁判官守矢桑普助理教授 Shiro 辻单位 110 房屋根据 199 2 释宗 (约 360 美国) 之间的数字长度松 (d) 据报已 06 预订出售的松原松原米饼和茶。
在那时间旅行者,冷静下来在这阴夏季,冬季休闲旅游放松。
薄的松原收获为原料的松油 (飞机燃料) 太平洋战争时目前没有标记。
现在在 2/1992,清水正孝学会青年会议从捐赠和种植松树。
辻区规划小组委员会
---
德川秀忠

ほそいの松原 (細井の松原)

慶長六年(1601年)徳川家康東海道五十三次 の宿場を制定し江尻宿 場が設置された、同九年(1604年)二代将軍秀忠は江戸へ通ずる主要街道の大改修を行い江戸防備と旅人に安らかな旅ができるよう樽屋藤右ヱ門奈良屋市右ヱ門 を工事奉行に任命して街道の両側に松の木をうえさせ同十七年(1612年)完成したと伝えられている。
元禄十六年(1703年)駿府代官守屋助四郎 の検地によると辻村戸数一一〇戸松原の全長一九九間二尺(約三六〇米)松の本数ニ〇六本とあり、松原に「松原せんべい」を売った茶店があったと伝えられている。
当時の旅人は、夏にはこの松蔭で涼み、冬には茶店で憩い旅の疲れを癒したりした。
ほそいの松原は太平洋戦争のとき松根油(航空機燃料)の原料として伐採されたので現在その跡もない。
いまの松は平成四年二月、社団法人清水青年会議所 から寄贈され植樹されたものである。
辻地区まちづくり推進委員会
---
徳川秀忠

Texts

tenma
2017-03-02 14:08 (426)
tenma

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/10/10)
Tags: ocr-generated 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/10/10)
Tags: 武田信玄 江尻城 江尻まちづくり推進委員会 静岡県 静岡市
wawa (2017/10/15)
Tags: ocr-generated 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/10/10)
Tags: ocr-generated 静岡県 静岡市