Monumento

hamanobakeneko

2015/09/22

Tags: ocr-generated 熊本県 山都町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 通潤橋
Tsūjun Bridge
又是
通润桥
通潤橋
建設者 布田保之助 享和元年
Architect Yasunosuke Futa (1801)
건설자. | 후타 야스노스케
建设者 布田保之助 明治6年
建設者 布田保之助 (1879)
布田保之助、江戶時代末期0天保4年(1833)~文人, Yasunosuke Futa served as the administrative head of the
元年(1861)の約 30 年間の長きに亘り、矢部地域 76 ケ村
Yabe area local government in the late Edo era (1833-1861).
の長で、行政の責任者であった(熊本藩の役職では「惣庄」
He worked hard to improve the Yabe area for about 30 years!
before reting at the age of 61.
屋」上门5)人物志》。
He helped start many projects to improve Yabe, such as
元来、布田家は、数代に亘り矢部地域の長を務めた家系 reservoirs for agriculture, roads, and bridges. He is most
であり、保之助の父、布田市平次も矢部の開発と人々の生
famous for "Tsūjun Bridge" and the stable supply of water
活の安定のために尽力していたが、保之助が8歳の時、36
for agriculture it supplied to Shiraitodaichi, "Tsujun water".
歳の若さでこの世を去っている。父の意志を継いだ保之助
"Tsājun Bridge" is the largest stone arch aqueduct in Japan.
It has been recognized as an important Cultural Property of
は、新田開発を目的とした用水路・ため池(堤)等の整備を Japan and is also registered as one of the first Heritage
行ったほか、道路や橋などの交通網を整備するなど、地域
Irrigation Structures by the International Commission on
Trigation and Drainage.
の実情に応じて数多くの開発事業を手掛けた。
現在、保之助が実施した事業として、
李叶云上列二 三
(農業) 用水・ため池(堤)
四川(1833~1861) || 。
22 か所
刘99召午召皇工,61 || || 三国小牛 30
石礦()
| 12 加所
년간 야베 지역의 개발에 힘써온 인물이다.
《交通》道路 162 办所、眼鏡橋 13 办所
- 농업용 저수지, 도로, 다리 등 직접 관여한 많은 개발사업
が知られており、矢部地域一帯で保之助の恩恵を受けない
중에서도 가장 유명한 것은 시라이토 대지에 농업용수를
村はなかったと言われている。
音音計可引包是三圣,圣母卡(用水),
このうち、保之助が手掛けた事業として最も有名なもの 츠준교는 일본 최대 규모의 석조 아치 수로교로 일본의
が、白糸台地へ安定した農業用水を供給することを目的に 중요 문화재이며 국제 관개배수위원회(ICID)에 의한 초대
建造された通潤橋・通潤用水である。通潤橋は、我が国で “进入皇兄(灌溉施設遺產)”只会呈ogy,
最大規模D石造了一于水路橋下)、昭和35年2月亿国O
重要文化財指定之九七区、平成26年9月亿、国際办h,布田保之助在江户时代末期(1833年—1861年)任矢部
がい排水委員会により初代の「かんがい施設遺産」として地区的行政長官 本仙61号目は当』
地区的行政长官。在他61岁退休为止的约30年任期期间,
登錄之九大。
为矢部地区的开发做出了卓越的贡献。
七、通灣橋·通潤用水完成以来,山东台地一带、 在农业用水池、道路、桥梁等众多的开发项目中,最为
150年以上に亘り伝統的な水利用と農耕活動によって形成」
突出的是建造了能够向白系台地稻田安定供水的“通润桥”
された景観が維持されていることから「通潤用水と白糸台 与“通润水渠”。
地D棚田景觀」ELT平成20年7月亿重要文化的景觀 | 通润桥是日本最大规模的拱形水石桥,被国家指定为
選定されている。
重要文化财产,同时还得到了世界灌溉排水委员会的承认,
被列入首批“世界灌溉设施遗产”的名录。
通潤橋の構造
Construction of "Tsujun Bridge"
| 布田保之助在江戶時代末期(1833年—1861年)任矢部
通水量 15,000 m/日
地區的行政長官。在他61歲退休為止的約30年任期期間,
為矢部地區的開發做出了卓越的貢獻。
通水管(法大)
| 在農業用水池、道路及橋樑等眾多的開發項目中,最為
突出的是建造了能夠向白系台地稻田安定供水的“通潤橋”
及“通渭水渠”。
| 通潤橋是日本最大規模的拱形水渠石橋,被國家指定為
重要文化財產。同時還得到了世界灌溉排水委員會的承認,
被列入首批“世界灌溉設施遺產”的名錄。
colo
9.00 mary
女上回目
連小看這台

Texts

monumento
2018-03-28 13:07 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

iepesu (2016/08/09)
Tags: 熊本県 山都町
iepesu (2016/07/29)
Tags: 熊本県 山都町
iepesu (2016/07/29)
Tags: 熊本県 山都町
iepesu (2016/07/29)
Tags: 熊本県 山都町