Monumento

auto-translate Statue of Kondo 守重

kawa_sanpo

2015/08/16

Tags: 谷文晁 北区教育委員会 近藤守重 高田屋嘉兵衛 東京都 北区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Statue of Kondo 守重
Plus receive main hall prior location.
Seated, from current Kuril Islands to Hokkaido ezo area to explore, Etorofu island "Dai, Toro Prefecture (dainipponn Etorofu)" that Kondo 守重 built refuges (con doumori and bend) of portrait.
守重 was born as the second son of Edo magistrate given power, the 0/1771 (1771), patrimony, aka styled positive Shinsaibashi (seisai) and heavy warehouse (juuzou), issue. 0/1798 (1798), March, from the shogunate ordered investigation of ezochi, Etorofu island was instrumental in the development of local, Northern Sea commercial high kahee cooperation in the stone armor (katchu) to settle down.
Also, also joined the expedition of Rishiri Island, wrote the book on ezochi, until 9 years 4 years from 0/1822 (228 18) plus receive hospital on the East side have a den of takino River paperback, lived.
Reportedly, seated statue Kondo 守重 this Memorial, as a painter of the Edo school Valley sentence Akira (tanibunnchiyou) was a prominent draft ask the.
3/1989 North District School Board

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 雕像的近藤守重
再加上接收主殿前一个位置。
坐着,从当前千岛群岛到北海道虾夷地区探索,择捉岛"傣族,Toro 自治州 (dainipponn 择捉)"那近藤守重建立庇护所 (con doumori 和弯) 的肖像。
守重作为赋予权力,0/1771年江户裁判的第二个儿子出生 (1771) 遗产,aka 风格积极心斋桥 (靖斋) 和重型仓库 (juuzou) 发行。
0/1798年 (1798 年),三月,从幕府下令调查的 ezochi,择捉岛在发挥了合作发展的地方,北部海商业高嘉兵卫石盔甲 (甲胄) 安顿下来。 利尻岛探险而且,也加入写上 ezochi 的书直到 9 年从 0/1822 (228 18) 加上 4 年接收医院东侧侧有武田河平装书,窝里住。
据报道,坐像近藤守重这座纪念碑,作为一名画家的江户学校谷句明 (tanibunnchou) 是突出的草案问。
3/1989
北方区学校董事会

石造近藤守重坐像
正受院本堂前所在
 坐像は、現在の千島列島から北海道までの蝦夷地を探検し、エトロフ島に「大日本恵土呂府(だいにっぽんえとろふ)」という標柱を建てた近藤守重(こんどうもりしげ)の肖像です。
 守重は、明和八(一七七一)年、江戸町奉行所与力の次男として生れ、家督を継いで、通称を重蔵(じゅうぞう)、号を正斎(せいさい)と称しました。
 寛政十(一七九八)年三月、幕府から蝦夷地の調査を命じられ、北方交易の海商高田屋嘉兵衛 の協力で、石像のように、甲冑(かっちゅう)に身を固めてエトロフ島に渉り、現地の開発に尽力しました。また、利尻島の探検にも参加し、蝦夷地についての著書も著しましたが、文政五(一八ニニ)年から九年までの四年間を、正受院の東隣に、滝野川文庫という書斎を設けて住みました。
 石像近藤守重坐像は、この記念に、江戸派の画家として著名だった谷文晁(たにぶんちょう)に下絵を依頼して製作したと伝えられます。
平成元年三月
北区教育委員会

Texts

tenma
2015-09-11 18:14 (426)
tenma

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/08/16)
Tags: 江戸名所図絵 東京都 北区
kawa_sanpo (2016/04/24)
Tags: ocr-generated 東京都 北区
kawa_sanpo (2014/10/11)
Tags: 徳川家康 家光 王子神社 関神社 石神井川 小田原北条氏 綱吉 家治 家斉 吉宗 飛鳥山 大イチョウ 蝉丸法師 東京都 北区
kawa_sanpo (2014/10/11)
Tags: 蝉丸公 関蝉丸神社 王子神社 関神社 祇園精舎 東京都 北区