Monumento

kawa_sanpo

2015/08/15

Tags: ocr-generated 栃木県 宇都宮市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 菅原神社の由来
「わあのへたれ
菅原神社は、学問の神様として知られる菅原道真公(承和十二年~延喜三年、八四五~九〇三)
を祀る神社です。
道真公が活躍した平安時代は、天皇を中心として国が治められていました。国の重要な事柄を決め
る際には、部にある朝廷(天皇が政治を行っていた場所、若しくは政府)で会議が行われており、
道真公は、この会議を構成する一人でした。道真公は代々学者の家系に生まれ、文人や学者、政治
家として優れた才能を持った人物でした。子供の頃から文才に優れ、十八歳で国家公務員の試験の
科目のひとつ「進士」の試験に合格、三歳で更に上級の「秀才」に合格して文章博士となりました。
以後もその才能を発揮して醍醐天皇の時に五五歳で右大臣にのぼりつめました。
ところが、政治的な権力争いや、学間の抗争の黒い渦に巻き込まれてしまい仲間であった藤原時平
との間で争い事が起こり、道真公はこの争いに敗れ、現在の福岡県太宰府市に追放されてしまいま
した。
都を去るとき道真公は「東風吹かばにほいおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」
と読み、道真公の愛した梅が、主人を慕って一夜にして京都から太宰府に飛んで来たという
「飛び梅」の伝説は有名です。道真公は都に帰ることなく、無念のうちに太宰府で亡くなりました。
道真公の死後、部では落雷による多くの死傷者が出たり、天皇の周辺でも皇子が急死するなどの、
数多くの異変が発生したと伝えられています。
これは道真公の怨霊によるたたりによるものと噂がひろがったため、道真公が争いによって受けた罪
を解き、一緒に追放された家族を呼び戻し、京都北野の右近馬場に御霊を祀った。
永延元年(九八九)がことの始まりです。その後学問の神様「天神様」とよばれ親しまれ全国各地に
「菅原神社」や「天神様」と呼ばれる神社が建立され、そのうちの一つがこの台新田にある菅原神社
です。
なお、菅原道真公は貞観元年~十二年(八六七~八七〇)に下野田(栃木県)の国司権少擦(裁判
官)を務めていたこともありました。
を務めていたこともありました

台新田の成立年代
慶長年間(一五九六~一六一四)石高二五八石余の村として成立
室町時代末期から江戸時代初期
出典 天保七年願書(県史近世)

Texts

monumento
2018-03-28 13:09 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/08/15)
Tags: 天照皇大神 素戔嗚尊 伊弉諾尊 伊弉冊尊 宇迦之御魂命 大山祇神 宇都宮市教育委員会文化課 栃木県 宇都宮市
kawa_sanpo (2015/08/15)
Tags: ocr-generated 栃木県 宇都宮市
kawa_sanpo (2015/08/15)
Tags: 奥州街道 日光街道 宇都宮城 本多正純 不動前 栃木県 宇都宮市
kawa_sanpo (2015/08/15)
Tags: ocr-generated 栃木県 宇都宮市