Monumento

auto-translate Hachiman shrine Hachiman shrine ...

hanacoco

2015/08/12

Tags: 新編武蔵風土記稿 上杉謙信 板橋区教育委員会 八幡神社 長尾景虎 赤塚諏訪神社 auto-translate 無形民俗文化財 東京都 板橋区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Hachiman shrine Hachiman shrine is a shrine under the Akatsuka village one single, Karita is another PuTuo life products.
Reportedly wooden Cavalry gujo Hachiman was enshrined as a museum. It seems from the bells of Cathedral Temple is unknown, but was cast in 0/1867 (1340) and the company was already founded at this time.
Also transferred was transferred from the lowlands of the plateau down to escape the deluge of Arakawa, and legend.
There on the tomb is enshrined by the company according to the shinpen Musashi fudoki in the article geography of the Edo period, "emerged from Buddha Amitabha fire 2,800 hahi at the stops and saying" and are also folded 2,800 years (1561), was involved in the fires of the Odawara Nagao Kagetora (Kenshin Uesugi), Odo deity that Amitabha Buddha appeared from the fire, the news. As a special Festival held every year in March, Akatsuka Suwa shrine lion (Showa 58 year Itabashi-Ku, designated intangible folk cultural asset) is.

After the former Tsuji people dance was walking, now, was dedicated at Akatsuka Suwa shrine dance is dedicated to Hachiman shrine.
12/2014 Itabashi City Board of education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 八幡神社

八幡神社是神社下赤冢村一单,莎乐美式的卡是另一个普陀生活产品。 据说木骑兵盂兰盆会八幡宫被奉为一座博物馆。
似乎从响铃的大教堂寺庙是未知的却被赶 0/1867 年 (1340) 和本公司已经成立在这个时候。 此外转移从高原到逃生荒川,又充满传奇的洪水的低地被转移。
那里在墓上载入由公司根据 shinpen 武藏 fudoki 条地理的江户时代,"摆脱阿弥陀佛火 2,800 索马里在停止并说"和也折叠廿七年 (1561),参与之小田原长尾 Kagetora (Kenshin Uesugi),阿弥陀佛出现从火,这一消息的 Odo 神火了。
一个特别的节日每年在 3 月举行,是晓霞诹访神社狮子 (昭和 58 年板桥区,指定无形民俗文化资产)。 走前辻人舞蹈之后,现在,是专注于赤冢诹访神社舞蹈献给八幡神社。

12/2014 年
板桥市教委

八幡神社

 八幡神社は、下赤塚村の鎮守の一つで、御祭神は品陀別命 です。ご神体として木像の騎上八幡が安置されていたと伝えられています。
 創建年代は不詳ですが、慶応三年(一三四〇)に鋳造された大堂の銅鐘から、当社もこの頃には既に創建されていたものと思われます。また、荒川の氾濫を逃れるため、台地下の低地から遷座したとの伝承も伝わります。
 当社が鎮座する地は、古墳の上であるともいわれ、江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』によると、「永禄兵火の時、本尊の阿弥陀火中より出現して止る処と云」と、永禄余年(一五六一)、長尾景虎上杉謙信)の小田原攻めの戦火に巻き込まれた折に、大堂の本尊である阿弥陀如来が火中から出現し座した場ともされています。
 特殊神事として、毎年三月に赤塚諏訪神社 獅子舞(昭和五十八年度板橋区指定無形民俗文化財)が行われています。獅子舞は、かつては辻々を舞い歩いていましたが、現在では、赤塚諏訪神社で舞を奉納した後、八幡神社に奉納しています。

 平成二十六年十二月
     板橋区教育委員会

Texts

yuraichan
2015-11-13 10:19 (1)
yuraichan
hanacoco
hanacoco
yuraichan
2015-11-13 10:18 (455)
yuraichan
hanacoco
hanacoco

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2015/08/12)
Tags: ocr-generated 東京都 板橋区
sanpocafe (2014/12/12)
Tags: 徳川家康 曹洞宗 高島秋帆 1841 板橋区教育委員会 1591 1492 千葉自胤 寺 auto-translate 砲術 松月院 東京都 板橋区
sanpocafe (2014/09/08)
Tags: 松月院 高島秋帆 砲術 阿片戦争 日本陸軍 東京都 板橋区
sanpocafe (2014/12/12)
Tags: 徳川家康 徳川吉宗 阿弥陀如来 吉宗 板橋区教育委員会 1394 1591 朱印地 1743 鷹狩り 東京大仏 板橋信濃守忠康 東京都 板橋区