Monumento

双光山 明福寺

kochizufan

2015/07/11

Tags: ocr-generated 京都府 京都市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 双光明稿す(村秋峰)
多すの起源は、近い源氏の流れを汲む書込みに始ま
る。青地左衛門尉源頼賢は、近江国ポ太郡青地注
(現在の草津市青地町)に住む領主であった。晩年
本願寺第八代蓮如上人に帰依し出家した、文明する
年(へ・)野洲郡矢島(現在の守山市矢島町)に、薩
か上人から祭事字の名号を賜り、これを安置して
「与を残ー北道場と称した。
その後、頼質から初代目に当る領主の弟岸花が、
長四年(一五九九)二月、京都の本坊門小路東
現在地)にす基を移し一宇を建立した.この時を
すの器基とめる。
当寺は戦乱度重なる平安の都の中にあり、折ごとに
類焼したが、その度に門係の徳力にあずかって再建」
現本堂は明治十一年(へとへ)九月落成、講堂は昭和
十六年(一九と)+(月落成した。
本尊の阿弥陀仏立像は、聖徳太子の作と伝えられる。
あすは平成8年(一九九)に、堂守創始五百年・京都
開基百年を迎えるに際し、記念事業が企画され
総力を挙げて本つの森後復・令で厳と須弥壇の新調の
外、法物と茶代法名碑の水入係各収納及び付
属建物を建うー完成した。
現在地に開基した由来は、親鸞聖人数の念厚く、
聖人御一家が関東から移は(神往生されるまでニーと
年金の御住方が、京都左京の押小路南万エ小路駅
てあったのて、そのもっとも近い隣接地に寺基を
し成就した。以来百年を迎える。
「当寺に「「十鈴」の「せ 大夫」(一六五o-」と「m)
の惑を有する。「中はあす第三せ馬上人の
男も後で、還俗して須賀千れ、後に都大夫「中
と称した。また序弾病「桂川連理柵」の「お半長な
衛門」のお米の過去形なども有する。
以上概略したような由緒ある歴史と文化遺産を有」
祖師親様時収入の法灯を連綿と継承するも利である
文学博士森本 茂 浜

Texts

monumento
2018-03-28 13:12 (0)
monumento

Comments/Photos

kochizufan kochizufan over 5 years

双光山 明福寺

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kochizufan (2015/07/11)
Tags: ocr-generated 京都府 京都市
kochizufan (2015/07/11)
Tags: ocr-generated 京都府 京都市
kochizufan (2015/07/11)
Tags: ocr-generated 京都府 京都市
kochizufan (2015/07/11)
Tags: ocr-generated 京都府 京都市