Monumento

auto-translate Oyama-Shi cultural assets (tangi...

kawa_sanpo

2015/06/28

Tags: 光明寺 小山市教育委員会 乙女八幡宮 小山市指定文化財 栃木県 小山市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Oyama-Shi cultural assets (tangible cultural property-buildings)

Maiden Torii of Hachiman shrine
Maiden hachimangu shrine, Kamakura era in 1900th reportedly was. This Torii prior 住僧 Shin glory of Komyo-ji Temple this temple was 0/1703 (1703), was erected, for maiden village Aoki mostly water Lt. light morning and under the university town (Ibaraki Prefecture) influential merchant Takashima, "Katsuhiro, Tochigi city ishiya 3 left and right Mamoru gate of the name is engraved inscription.
From this hinting that was revered from the merchant in the Virgin River opened the thought River in the West of the Hotel Palace is.
Torii shrine erected, indicating the entrance of the sanctuary and within the originally wooden but stone also appears since the Heian era. This Torii at the Myojin Torii form with shimaki, as relatively larger, extant in Oyama-Shi in the 5 second oldest stone Torii.
Without damage, believed to have maintained their position at the precious early Torii.
Column between 3.26 m, 3.92 m high central
Date of designation 12/2000.
Location Oyama, Oaza maiden

(Management)-owned by maiden hachimangu shrine Oyama City Board of education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 奥亚马石文化资产 (有形文化财产建筑物)
处女的牌坊的八幡神社

处女的八幡宫,在 1900th 的镰仓时代据。
这牌坊事先住僧 Shin 荣耀的光明寺这座寺庙是 0/1703年 (1703 年),被竖立起来,因为处女村青木大多水中尉光早上下大学镇 (茨城县) 有影响力的商人高岛,"大,枥木市石屋 3 和离开右卫门的名称是刻的碑文。 从这暗示被尊从商人在维尔京河开河西部的皇宫酒店是思想。
牌坊神社竖立,指示圣所内原本是一个木制的入口,但石头也出现自平安时代以来。
在明神鸟居此牌坊形成与 shimaki,作为相对较大,现存在大山石 5 第二最古老石牌坊。 无损伤,据说有保持在珍贵的早期牌坊上的地位。
3.26 m,高 3.92 米中央之间的列
指定 12/2000年的日期。
位置大山,大字少女
(管理)-由处女八幡宫

奥亚马市教委

小山市指定文化財(有形文化財-建造物)
乙女八幡宮鳥居

 乙女八幡宮 は、鎌倉時代に創祀されたと伝えられる。
 元禄十六年(一七〇三)に当宮別当寺だった光明寺 の住僧舜誉が願主となって建立したこの鳥居には、施主として乙女村の青木主水尉照朝と下館大町(茨城県)の有力商人高嶋忠左衛門勝広、栃木町の石屋三左右衛門らの名が銘文に刻まれている。このことから当宮は、西方の思川沿いに開けた、乙女河岸で活動する商人からも崇敬されていたことがうかがわれる。
 鳥居は、神社の参道に建てられて神域や境内の入口を示すもので、元来は木造であるが、平安時代頃からは石造も現れる。
 この鳥居は、島木をもつ明神鳥居形式で、規模も比較的大きく、現存するものとしては小山市で五番目に古い石造鳥居である。建立当時の位置を保っていると考えられ、目立った損傷もなく、近世前期の貴重な鳥居である。
 柱間 三・二六m、中心高三・九二m
 指定年月日 平成十二年十二月二十日
 所在地 小山市大字乙女
 所有(管理)者 乙女八幡宮

小山市教育委員会

Texts

yuraichan
2015-07-02 04:53 (449)
yuraichan

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/06/28)
Tags: 光明寺 乙女八幡宮 誉田別命 一の鳥居 間 小山歴史研究会 栃木県 小山市
kawa_sanpo (2015/07/05)
Tags: 栃木県 小山市
kawa_sanpo (2015/07/05)
Tags: 窯 栃木県 小山市
kawa_sanpo (2015/06/28)
Tags: ocr-generated 栃木県 小山市