Monumento

kawa_sanpo

2015/06/28

Tags: ocr-generated 茨城県 古河市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 「ししがさき
古河城趾「獅子ヶ崎」
長谷
御成門
「獅子ヶ崎」は、戦略的要地として古河城内でも
ひときわ重要視されていた場所である。その地理
的形状は、曲輪の突端、尖った土塁が堀に突き出
すというきわめて特徴的な構造で、周囲より高く
築かれたその土塁は、南に隣接する「御成門」と
「御成道」のほか、古河城全体を見通して有事に
備えることのできる場所であった。
江戸中期の文人で、思川のお手伝い普請のため
古河滞在中であった藤堂元前は、獅子ヶ崎を「御
成門の北の側に土居の出崎ありて猪ヶ崎(ししがさ
き)といふ 実も猪の鼻の形に似たり 其地高くし
て諏訪曲輪、御成門、桜門眼下に見ゆ 「猪ヶ崎を
以て比城を名城とすといへり」と評している。す
なわち、「猪ヶ崎(獅子ヶ崎)」は、古河城御成
門と桜門の双方を眼下に警備することの可能な要
害で、古河城が名城たる所以は、その存在ゆえで
あると。また一説に、この高台に大砲を据えたと
もいい、この地の重要性をかいま見ることができ
るであろう。
ちなみに「御成門」は、日光社参で古河城に宿
泊した二代将軍徳川秀忠を迎えるため、ときの城
主であった永井直勝が造営した門である。以後、
三代将軍家光、四代家綱、八代吉宗、十代家治、
十二代家慶という将軍が、この場所を通って古河
城に御成となった。通常、近隣に石の産地を持た
ない城に石垣は存在しないが、古河城にあっては
将軍の御殿があった本丸入口と将軍通行の御成門
にのみ石垣が用いられている。
さて、昭和50年代の道路敷設で先端の「鼻」
部分が切り崩されたものの、史跡保存を強く意識
された関係各位の見識によって、数少ない古河城
の遺構として保存されてきた「獅子ヶ崎」は、古
河市民共有の歴史遺産とされるよう古河市に寄付
された。
「古河城を名城たらしめた「獅子ヶ崎」。現在、
古河城の面影を伝える数少ない史跡として守り伝
えていかねばならない。

Texts

monumento
2018-03-28 13:16 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/06/28)
Tags: ocr-generated 茨城県 古河市
kawa_sanpo (2016/11/05)
Tags: 茨城県 古河市
kawa_sanpo (2016/11/05)
Tags: ocr-generated 茨城県 古河市
kawa_sanpo (2015/01/18)
Tags: auto-translate 古河市教育委員会 茨城県 古河市