Monumento

kawa_sanpo

2015/06/14

Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 「和区文化の小径
一本杉の仇討ち跡
〜幕末の中山道に伝わる大事件~
この地は、中山道界隈で「一本杉の仇討ち」として語り継がれた事件
のあった場所です。
この事件は、万延元年(一八六〇) 常陸国鹿島津の宮沖の船中で、
水戸藩藩士宮本佐一朗と丸亀藩の浪人である可田祐之助がロ論の
すえ斬り合いとなり、宮本佐一朗が命を落としたことに端を発します。
河面は、この斬り合いで負傷しているところを、同じ年に起こった
大老井伊直弼が桜田門外で襲撃された事件の逃亡者と疑われ、吟味を
受けました。そのため、居所が宮本佐一朗の息子である宮本 廉太郎の
知るところとなりました。
太郎は四年後の文久四年一月二十三日 (一八六四年三月1日)に、
西野里之進、山野 孝太郎、武藤道之助の三人の後見人と共に、仏門に

入ろうと不動岡総願寺から江戸へ向かう河面を、針ケ谷村の一本杉て
待ち伏せ、みごと父の仇を討ちました。
その後、一行は針ケ谷村名主の弥市方へ引き取られ、一月二十七日
浦和宿にて幕府の取調べが行われた後、小石川の水戸藩邸へ引渡され
ました。事件は幕末最後の仇討ちとして、吊り物・はやり歌などて
中山道界隈に広まり語り継がれていきました。
かつて、一本杉は樹高 約8m、周囲約3mといわれ、松並木の中
て一際ひいてた大樹でした。また河西 祐之助は観音寺(廃寺)に葬ら
れましたが、現在は北浦和にある廓信寺で供養されています。
平成二十四年
づくり推進委」

Texts

monumento
2018-03-28 13:16 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

shijia (2014/09/16)
Tags: 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2015/06/14)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
ryota_n (2018/09/18)
Tags: 東京 品川 三菱マテリアル 三菱鑛業 auto-translate 埼玉県 さいたま市
shijia (2014/09/16)
Tags: auto-translate 埼玉県 さいたま市