Monumento

kawa_sanpo

2015/05/30

Tags: ocr-generated 茨城県 古河市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 鶴本八幡 由緒
平安時代末弱第八十一代文徳天皇の御宇彦の治承四年(一八
○年)九月、彦永寿久の乱の最中、な点が弱の命により下然・
武蔵園の家族等が本条せられ、富士川の合戦に向かう。その森
川の畔の小高い山を国若し本条、領上に鎮座されていた御籍務
様に、戦の勝利を祈願した。戦で勝利し沖徳を感じた頼朝は、
お元年(一八一年)八月、相撲園に鎮座されている、両へ
袖をより御神霊を勧済し掲本人確々とやる。岡八神家の守援
神の丸山稲荷も同時に勧済したと伝わる。
初代神殿に鶴岡八幡を初代官の次男で、続待従でもあった
高橋洋寺の次男性次郎まえに定められた。その時、近仲周辺
(現中田町・本偽ツ・ス変町・然お町付近)するをは地とし、
その上領込みを寄せられた。彼、奥羽迷徒対次の旅も、
裸弱はきを率いて勝利を済研、御州藤源を付した。
且つ元払年中、新田義貞(徳義流)がまる姓(本姓)を特殊
の除に家に本結、来年の秋いての就労を休め、文ォめ。救い
に挑み勝利した。
此裏來宙术交
本な事され
主机
さ委さを
義貞のままに(白崎茶の上に練り然に続私をそら女運を開
きしにより体端に神待んに見たり掛巻も美来島また隣家の神総
本編供援の余病入女性の独神にして神光四方にたなび神成す
宙に採けり永きろちのすりとなりて園象を鎮め?ふにより、
考えに至り永禄十一年十一月々を久に神様本舗対す載よ
※印地あ込みをみせられる。加ふるに川辺十三ヶ村岡 四+
対を以てせられる女に神待念々頭林済人な身体し)とある。
美緒(年(
一 四年)九月、下橋園(えをより本取家を
比に勧持し相せられる。
な河公方の四方阿歳であった本物の、今援々として奉就さ
れ、み何歳が移った後も城主小原み技を初め歴代城主に事故
犯すの本や打%、比叡山菜:気まだ業の法手なが
され、歴史上着るな勢の変人、着るな義園大みなど様々
変人が事験、又、麦ちり体系例、五千定体からは敬老
奉納されていた程、多大なる事故があった。

Texts

monumento
2018-03-28 13:18 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/05/30)
Tags: ocr-generated 茨城県 古河市
kawa_sanpo (2015/05/30)
Tags: 古河市 名木古木指定 緑でつつむきれいなまち推進協議会 auto-translate 樹木 ヒバ 茨城県 古河市
kawa_sanpo (2015/05/30)
Tags: ocr-generated 茨城県 古河市
kawa_sanpo (2015/05/30)
Tags: ocr-generated 茨城県 古河市