Monumento

Wartime Aircraft Concrete

jishiha

2014/05/03

Tags: 飛燕 調布飛行場 掩体壕 飛行場 太平洋戦争 auto-translate 東京都 三鷹市

Guide plate text

Wartime Aircraft Concrete
Chofu Airport
Preparations for the construction of Chofu Airport began in 1938 with the purchase of fields, houses, temples and graveyards located on about 1.65 million m2 of land spanning Chohu Town, Mitaka and Tama Villages in western Tokyo prefecture. Locals were essentially forced to sell their property ahead of construction work, which began in 1939 after a budget was allocated by the Tokyo Prefecture, Ministry of Posts and Communications and Ministry of the Army. Prisoners from Fuchu Prison and junior high school students were directed to carry out foundation work for the airport. In April 1941, a runway of 1,000m in length was built in the east-west direction and one of 700m constructed in the north-south direction. The airport was initially designated for use as a reserve international airport, aviation test flight area and army training airport. However, the airport soon came under the control of the Imperial Japanese Army Air Force, whose units included Hien fighters posted in order to defend Tokyo. In 1945, as the war escalated in the Pacific, United States Forces launched B-29 bomber and carrier-borne air raids on Japan. The bombing of Chohu Airport and a nearby anti-aircraft gun position caused casualties. Around the same time, special attach units used the airport as a training center and stopover on their way to the Chiran Airbase in Kagoshima Prefecture. After the war, a hydroponics farm was built in the western section of the airport to grow vegetables used by the Allied Occupation Forces. Chofu Airport currently functions as a gateway for light airplanes traveling to Izu Oshima, Niijima and Kozushima Islands. Around the airport, gateposts, hangars, anti-aircraft gun pedestals have been preserved through local efforts.

Chofu Airpor facilities arrangement chart(Spring of 1945)

auto-translate 战时飞机混凝土调布机场调布机场建设的筹备工作开始于 1938 年的田野、 房屋、 寺庙和墓地位于约 165 万 m2 的土地跨越 Chohu 镇、 三鹰和西方东京多摩村庄购买。当地人基本上被被迫出售他们的财产前施工工作,始于 1939 年后预算由东京自治州、 邮电部和通信和陆军部。囚犯从府中监狱和初中的学生被指示进行机场的基础工程。1941 年 4 月,一条跑道的长度在 1 000 米始建于东部西部方向和 700 m 构造中的南北方向之一。机场最初被选定作为储备国际机场、 航空测试飞行区和军队训练机场使用。然而,机场很快就来的帝国日本空军的要求,其单位包括 Hien 战士为了保卫东京发布控制之下。1945 年,随着战争的升级在太平洋中,美国部队发动了 B-29 轰炸机和日本航母舰载的空袭。轰炸的 Chohu 机场和附近的防空炮位置造成人员伤亡。大约在同一时间,特别附加使用单位作为实训中心和中途停留在途中在鹿儿岛县奇兰空军基地机场。战争之后,水耕农场建于机场以种植蔬菜占领盟军使用的西部部分。调布机场目前为轻型飞机旅行到伊豆大岛、 新岛和 Kozushima 岛网关的功能。各地的机场、 门柱、 机库,防空炮基座已保存通过当地努力。调布机场设施布置图 (1945 年春)

掩体壕
調布飛行場
調布飛行場 は、昭和13年(1938年)に、東京府北多摩郡調布町・三鷹村・多摩村(現在の府中市)にまたがる約50万坪の土地に計画され、畑・家屋・寺・墓地などを半強制的に買収して造られました。工事は、昭和14年(1939年)に東京府と逓信省航空局・陸軍省の予算で着工しました。基礎工事には府中刑務所の受刑者や中学生が動員されました。16年の4月には、南北方向に1,000mと東西方向に700mの2本の滑走路と格納庫などが完成しました。初め、予備国際飛行場と航空試験飛行場・陸軍訓練飛行場として使用するはずでしたが、陸軍が全面的に利用することになり、首都防衛のため、戦闘機「飛燕」を中心とした陸軍飛行機部隊が配置されました。太平洋戦争 の戦況が悪化する昭和20年(1945年)頃には、日本本土空襲のため飛来する米軍のB29爆撃機や艦載機の空襲で、飛行場や近くの高射砲陣地が爆撃され死傷者が出ました。またこのころには、特別攻撃隊(特攻隊)の訓練と九州知覧基地への中継地にもなりました。戦後、飛行場の西側の一部には、「進駐軍」(アメリカ占領軍)が消費する野菜を栽培する「水耕農場」が建設されました。
 現在では、伊豆大島・新島・神津島への空の玄関口として小型機が運行されています。調布飛行場の周辺には、戦時中に利用していた門柱・掩体壕・高射砲台座などが、市民団体の努力で残されています。

調布飛行場施設配置図(昭和20年春)

Texts

monumento
2014-07-27 11:35 (1846)
monumento
monumento
2014-07-27 11:35 (619)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

jishiha (2014/05/03)
Tags: auto-translate 掩体壕 太平洋戦争 東京都 三鷹市
jishiha (2014/05/03)
Tags: 飛燕 川崎航空機 戦闘機 調布飛行場 特攻平和記念館 ダイムラーベンツ 東京都 三鷹市
sanpocafe (2014/11/24)
Tags: 近藤勇 甲州街道 天然理心流 家茂 新選組 大国魂神社 1834 天保五年 調布市教育委員会 天保九年 1838 龍源寺 嘉永元年 1848 嘉永二年 安政四年 1857 文久三年 1863 浪士組 慶応四年 1868 慶応三年 auto-translate 野川 東京都 調布市
sanpocafe (2014/11/24)
Tags: 近藤勇 天然理心流 新選組 1834 天保五年 調布市教育委員会 東京都 調布市
sanpocafe (2014/12/08)
Tags: 調布飛行場 近藤勇 近藤周助 天然理心流 調布市教育委員会 1876 嘉永二年 浪士組 幕末 武術 武道 1849 明治九年 山岡鉄舟 昭和七年 1932 東京都 調布市
kawa_sanpo (2016/04/20)
Tags: 東京都 三鷹市
cyberwonk (2014/11/30)
Tags: 調布飛行場 1941 1945 1939 特別攻撃隊 調布水耕農場 門柱 東京都 三鷹市
sanpocafe (2015/02/24)
Tags: 東京都 小金井市
sanpocafe (2014/09/24)
Tags: 野川 貯水池 東京都建設局 東京都 小金井市