Monumento

kawa_sanpo

2015/05/23

Tags: ocr-generated 埼玉県 杉戸町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated すぎと
あたごじんじゃ
杉戸宿と愛宕神社
所在地 杉戶町杉戶四丁目
がのえとら
「つちのえたつ
江戸時代後期に編された新編武蔵風土記稿に「杉戸宿は、日光及び奥
川の街道にして足立郡千宿より第四の駅亭なり、江戸より十里半、古は
戸村と号せり 元和二年(一六一六)人馬の継立を命ぜられ宿駅となり
しより村を改て町と唱へ、既に正保・元禄二度の改にも町へ戯たれば宿
の唱は其後の事なり当所は人足二十五人馬二十五定を定数とし」とあり、
蔵国郡村誌には「天正十八年庚寅(一五九〇)徳川氏の有に帰し代官の
所轄たり、元禄十年丁辺(一八九七)検地す 明和三年丙戌(一七六六)新
出を検す 明治元年戊辰(一八六八)下総知事に隷し二年葛飾県に属し
年埼玉県の所轄となる」とある。
天保十四年の杉戸宿長瀬家の本陣は、建坪一六六・五坪という広大な
えをもち、門を建て玄関を付け、上段の間のある立派なものであった。
とが日光道中宿村大概帳などに記されている。この本陣は、明治初年
の大火により焼失してしまい、建替えたため当時の様子はわからないが、
台藩主や会津藩主等が宿泊した時に使用した宿札などが保存されてい
る。なお、江戸時代後期にはこの本陣のほか、脇本陣が二軒旅屋が
十六軒あったという。
また、ここ愛宕神社は、香取神社(上杉戸)、神明神社(杉戸丁目)と
もに、杉戸宿の鎮守として祭られ、現在においても「初詣」「西市」など
社は賑いをみせている。なお、神社の裏の小高い塚には、大六天が
られている。
昭和六十二年三月



Texts

monumento
2018-03-28 13:21 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/05/23)
Tags: 松尾芭蕉 奥の細道 埼玉県 杉戸町
kawa_sanpo (2015/05/23)
Tags: ocr-generated 埼玉県 杉戸町
kawa_sanpo (2015/05/23)
Tags: 杉戸町教育委員会 埼玉県 杉戸町
kawa_sanpo (2015/05/23)
Tags: ocr-generated 埼玉県 杉戸町