Monumento

hanacoco

2015/05/20

Tags: ocr-generated 東京都 目黒区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 大鳥神社御由緒
御祭神
主祭神
日本武尊
※行天皇の皇子で、熊業討伐、
東国の蝦夷を平定。
相殿神神 国常立尊 日本の国開きの神様
弟橘媛命」
日本武尊の兄
御由緒 例祭 九月九日に近い日曜日
景行天皇の御代(七~一ニO)当所に国常立尊を祀った社がありました。景行天皇の
皇子である日本武尊は、天皇の命令で熊襲を討ち、その後、東国の蝦夷を平定しました。
この東夷征伐の折当社に立寄られ、東夷を平定する祈願をなされ、また部下の「目の病」
の治らんことをお願いなされたところ、東夷を平定し、部下の目の病も治ったことから、
当社を育科と称え、手近に持っておられた十握剣を当社に駄って神恩に感謝されました。
この剣が天武雲剣で、現在当社の社宝となっております。
東征の後、近江伊吹山の妖賊を討伐になられましたが、病を得て驚ぜられました。日本
書紀に「専の亡骸を伊勢の能実野に詳したところ、その成より専の面が大きな白鳥とな
られ倭国を指して飛ばれ、後の琴弾原、河内の巻市遇に留り、その後、天に上られた」
とあり、このことから日本武尊を鳥明神と中す訳です。当社の社伝によると「呼の霊が
当地に白鳥としてあらわれ始い、鳥明神として祀る」とあり、大同元年(八〇六)社殿が
造営されました。当社の社紋が鳳の紋を用いているのはこのためです。江戸図として最も
古いとされる長様の江戸回(室町時代)に当社は鳥明神と記載されております。
「西の市(八つ頭と熊手の由来)
当社の酉の市は都内でも古く、江戸時代に始まります。西の市が毎年十一月の「酒の日」
に行われるのは、静の熊業対代の出発日が西の日だった為その日を撃日としました。西の
日の当日、御神前に帯郭として「八つ頭」と「熊手」を奉献します。「八つ頭」は尊が東征の
時、一族の各頭目を千定された御功業を具象化したもので、「熊手」は津が焼津で焼討ちに
違われた時、薙ぎ倒した革を当時武器であった熊手を持ってかき集めさせ、その大を防ぎ、
向大をもって厳を平らげ、九死に一生を得た事を偲び奉るためのものです。ここから、
古来より、「八つ頭」は人の頭に立つように出世できるという縁起と結びつき、「熊手」は
家内に宝を様き込むという意味で縁起物として広く信仰を集めました。大鳥神社の社名
「おおとり」は、「大車」に通ずる為、宝物を大きく取り込むという商売繁盛開運招福の
神様として、多くの人達の信仰を集めております。また、西の市当日は、社殿において、
この蜂起のもとになる「開運旅すず」が授与されます。

Texts

monumento
2018-03-28 13:22 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2015/05/20)
Tags: 切支丹灯籠 大鳥神社 守屋図書館 松平主殿守 東京都 目黒区
hanacoco (2015/05/20)
Tags: 燈籠 目黒区教育委員会 東京都 目黒区
gotosheng (2016/10/16)
Tags: 江戸名所図会 坂 東京都 目黒区
hanacoco (2015/05/20)
Tags: 江戸名所図会 目黒区教育委員会 霊雲上人 東京都 目黒区