Monumento

kawa_sanpo

2015/05/17

Tags: ocr-generated 埼玉県 越谷市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated ひさい
豆ず


所在地 越谷市越谷一七○○
久伊豆神社は、祭神として大国主命、事代主命など五柱が祀られ、例祭は
毎年九月二十八日である。
当社の創立年代は不詳であるが、社伝によると平安末期の創建といい、鎌
倉時代には武蔵七党の一つである私市党の崇敬を受けたという。古来、武門
の尊崇を集めて栄え、室町時代の応仁元年(一四六七)に伊豆国(静岡県)宇佐
見の領主宇佐見三郎重之がこの地を領したとき、鎮守神として太刀を奉納す
るとともに社殿を再建したと伝えられる。江戸時代には、徳川将軍家代々の
信仰が厚かった。
当社は、除災招福、開運出世の神として関東一円はいうまでもなく、全国
に崇敬者がある。また、家出をしたり、悪所通いをする者に対して、家族の
者が足止め」といって狛犬の足を結ぶと必ず帰ってくるといわれている。
境内には、県指定旧跡となっている幕末の国学者平田篤胤の仮寓跡や、篤
胤の門人が奉納したといわれる県指定天然記念物の藤の老樹が枝をひろげ
ている。
なお、当社は昭和五十九年度に県から「ふるさとの森」の指定を受けている。
昭和六十年三月





Texts

monumento
2018-03-28 13:22 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/05/17)
Tags: ocr-generated 埼玉県 越谷市
kawa_sanpo (2015/05/17)
Tags: 天然記念物 平田篤胤 藤 埼玉県 越谷市
kawa_sanpo (2015/05/17)
Tags: ocr-generated 埼玉県 越谷市
kawa_sanpo (2015/05/17)
Tags: ocr-generated 埼玉県 越谷市