Monumento

南都春日山 不空院

kochizufan

2015/05/16

Tags: ocr-generated 奈良県 奈良市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 南都春日山
O歴史
「大乗院寺社雑事記」などによると、奈良時代、中国から渡来された鑑真和上がここに住まれた。
平安時代には、藤原冬嗣が亡き父の願いによって興福寺南円堂を建立するが、その前に弘法
大師・空海がこの寺で南円堂の雛形として八角円堂を建立し、本尊・不空羂索観音を造顔して、
額文をも書かれたとある。
鎌倉時代には南都の戒律復興運動のうねりの中で、有名な
自誓受戒をした不空院円晴、西大寺叡尊、唐招提寺覚彦、西方寺
有厳の四律僧がここで戒律を講じ、多くの衆生に戒を授けた
という。この頃、釈迦堂や多くの僧坊、鎮守社なども整い、
有 と 特を
特に弁財天の信仰もさかんで、「福院」とも呼ばれ活況
を呈していた。
不空院占地文
室町時からは沈滞気味で、江戸時代、安政の大地震によって堂宇も
ほとんど崩壊し、のちは仮堂だけで無住に近い状態で荒廃したまま近
代を迎える。
大正時代、三谷弘厳師が現本堂の建立をはじめ、寺域を整えて現在
の寺観を復興した。
「戒律宗の祖である鑑真和上と、真言密教の祖である弘法大師の法灯
をあわせ伝えるこの寺は、不空羂索観音を本尊に、南都西大寺の末寺、
真言律宗の古刹として現代を生きている。
0ご本尊
不空羂索観音坐像(ふくうけんさくかんのんざぞう)
重要文化財(昭和61年6月6日指定)桧材、寄木造、漆箔、玉眼鉄入、鎌倉時代
不空羂索観音は八本の手と三つの目をもつ、一種お化けのような業である。
額にある縦の第三の目は「仏眼」といって、ふつうの二つの目をごまかす
ことはできても、仏の目ひいては自分の良心をごまかすことはできないと
いう意味を表している。
不空羂索観音の名称にある「不空」とは何かというと、「空」が宇宙
の空間のことであるから、宇宙の外ということになる。「基索」は不動
明王が左手に持っている縄と同じもので、不動は縄の片端についた
分銅で悪魔を打ち払い、片端 につくった震で宇宙の中の衆生を救う。
前の本・不空素観
ところが、宇宙の外である不空にも亡者がいたらどうするか。この不空洞索観音は宇宙の中
にいる衆生も宇宙の外にいる衆生も、みな救済するというのである。
そのときに、不動のように縄を一本一本投げていては間に合わないから、打ち圏でいっぺん
に救ってくれる。つまり、雄大な慈悲心をもつ観音なのである。
(「よくわかる仏像の見方」 西村公朝著より抜粋)

Texts

monumento
2018-03-28 13:24 (0)
monumento

Comments/Photos

kochizufan kochizufan over 4 years

南都春日山 不空院

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kochizufan (2015/05/16)
Tags: auto-translate 樹木 梛 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/05/06)
Tags: 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/05/16)
Tags: 伊勢神宮 万葉集 十市皇女 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/05/02)
Tags: 奈良時代 弘文天皇 淡海三船 懐風藻 721 785 大友皇子 auto-translate 神像石 石を勧請し 奈良県 奈良市