Monumento

應其上人略伝

kochizufan

2015-02-28

Tags: ocr-generated 和歌山県 橋本市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 4人略
形状と大は天文六年(一五年
生まれた体は様々木といい
夫に元年(一七三年)上人がニトと表のどきさとは
こどこなのに自分が前日。
てて崎野山に渡り、異性院次画について言い、
分良願のちに念計と決める「H人はきれい。
募良願のちに
ー木の実や野菜を食べながら、十三年間いたすら仏道
子さまご
の修行を重
る所以である。
赤さが、求
て高野山
はいはいを代案して、さいきたずねよい無字
を願いが強をすし入れたみ寺は上人の城を認める
の進請をうけいおみせは上人のいきさぬ
きににている。
後、上人は秀吉の信堂を一身にあつめ、その支
援を得て大金堂などの違彦演を行ったため、高野
して球されている。上人の寺社意築の
十余か目に及んでおり、地方開発いたい
堤を造るなどの仕事にもたずさわっている、
上大はまた、狭いと人といわれている。
券さの死後、上人は高野山を去り生回の近江国平気が
に総退し、体感をはなれ 自然を愛し余生をすこした
慶長十三年(一六〇八年)十月一日飯道寺でピ十三
の生涯を閉じた 逢いには強か現存している。
共上 人 と 本
意共上人は、天正十三年(一五八五年)近際の里人を
佐田村の荒地を開き、家を建て町を造り高野
とした思今年、主人はここに草庵を建て
ク川に長さ(0部( 三五メートル)
交通の便をはかった絵本の地名はここか
のであり、二の学庵は現在中、ム音院た。
共寺となっている

当臣秀さからこの地にニー大石五十五井の
えられ、塩や売買の免許をゆるされ、恵
「次は処々に池を築堤を造り、救世
パスした河田の岩冷地にある五輪塔や、
にある板碑には上人の名が刻まれ
成し上人の像を寄進してまっ
の基礎が確立したのてある
このようにして近世橋本町
施共上人三百六十年を記念して、この地に供後を
建立し、村本開基の上人の強徳を讃えるものである
昭和六十三年十一月九日。(旧十月一日建之

Texts

monumento
2018-03-28 13:26 (0)
monumento

Comments/Photos

kochizufan kochizufan about 3 years

應其上人略伝

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kochizufan (2015/05/05)
Tags: ocr-generated 和歌山県 橋本市
kochizufan (2015/05/05)
Tags: ocr-generated 和歌山県 橋本市
kochizufan (2015/05/05)
Tags: ocr-generated 和歌山県 橋本市
wawa (2017/04/16)
Tags: ocr-generated 和歌山県 橋本市