Monumento

kawa_sanpo

2015/04/29

Tags: ocr-generated 埼玉県 草加市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 国指定名勝 おくのほそ道の風景地 草加松原
指 定 日 平成26年3月18日
National Place of Scenic Beauty:
"Scenic Areas of Oku-no Hosomichi Soka Matsubara"
Date of Designation March 18, 2014
日光街道草加宿の北側に位置する草加松質は、一説には、寛永7年(1630の詳c宿開宿談、または天和3年(1683)の様
改修時に松が植えられたと伝えられ、江戸時代から日光街道の名所として知られてきました。
平成26年(2014)3月、この草加松原は「おくのほそ道の電景地」の一群をなすものとして、国の名勝に指定されました。
今なお、松尾芭蕉の『おくのほそ道」の時代の異国気を色書く伝える電致景観として、富く評価されたことによるものです。
元禄2年(168)3月27日、松尾芭蕉は、門人の河合曽良を伴い、江戸川を埋立ちました。古歌の名所、由緒、来の地を
ね陸奥・北陸路を旅し、これにより日本を代表する紀行文学『おくのほそ道』を完成させました。
深川から船で千住に向かった芭蕉は、そこで見送りに来た人たちに別れを告げ、歩みを草加に進めます。
「もし生きて帰らばと、定めなき頼みの末をかけ、その日やうやう単加という宿にたどり着きにけり」
この日は、今の暦では5月16日に当たります。初夏の陽光を浴びながら、芭蕉は旅の感慨を新たにしたのかもしれません。
芭蕉の旅路を見送った草加松原は、度重なる手入れや補償が行われ、明治維新前後まではおおむね500本前後で推移して
いました。
しかし、昭和8年(1933)には、国道4号(現在の県道足立越谷線の道路拡幅工事に伴い、松の伐採計画が持ち上がりました。
また、昭和40年代には、高度成長に伴う公害の影響で、成木は70本程度にまで減少してしまいました。なお、このような危機
の度ごとに松並木保存の機運は高まりことに、昭和51年(1976)には市民団体「草加松並木保存会」が発足し、同会を中心と
した多くの市民による松の保護・補植が行われるとともに、市民と行政が一体となった保存活動によって草加松原は護り継
がれ、現在は遊歩道として訪れる人々の憩いの場となっています。
なお、名勝指定を後世の市民に伝え残すため建立された標識(記念碑)は、草加市ともゆかり深い日本文学研究者で文化勲章
受章者のドナルド・キーン氏の揮率になるものです。
平成27年3月 草加市教育委員会
Soka Matsubara, located in the north of Soka-shuku (post-town) along the Old Nikko Road, has a legend that pine trees were first
planted in 1630 the opening of Soka-shuku, or in 1683, with the improvement work of the Ayase River, and has been known asa
scenic area of the Old Nikko Road since the Edo Period.
In March 2014, Soka Matsubara was designated as a National Place of Scenic Beauty, being a part of the scenic areas of Oku-no
Hosomichi. It gained recognition as a place of scenic beauty noticeably preserving the air of the days of Oku-no Hosomichi (The
Narrow Road to Oku) written by MATSUO Basho, a haiku poet in the mid-Edo Period.
In 1689, Basho traveled from Fukagawa, Edo (Tokyo today) to Senju in a boat, where he said farewell to people seeing them off,
and made for Soka.
Moshikite kaeraba to, sadame naki tanomi-no-sue wo kake, sono hi you-you Soka to iu shuku ni tadoritsuki ni keri.
On the contrary, it seemed to me that I should be fortunate if I managed to come home alive. Leaving the future to decide this
uncertainty, I pursued my journey to a post-town called Soka which we were barely able to reach the day of our departure.
(Translated by Donald Keene)
The day corresponds to May 16 of the present calendar. Basho may have felt deeply about his travel in the sunlight of early summer.
Basho continued his journey in the northern part of the mainland and along the coast of the Japan Sea with his disciple KAWAI Sora.
The letters on the monumental stone erected in order to hand down the designation as a National Place of Scenia Beauty to future
generations, was written by Donald Keene, a scholar on Japanese literature and recipient of the Order of Culture, who has a deep
connection with Soka City.
March 2015 Soka City Board of Education

Texts

monumento
2018-03-28 13:27 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/05/17)
Tags: ocr-generated 埼玉県 草加市
kawa_sanpo (2015/04/29)
Tags: ocr-generated 埼玉県 草加市
kawa_sanpo (2015/04/29)
Tags: ocr-generated 埼玉県 草加市
kawa_sanpo (2015/04/29)
Tags: ocr-generated 埼玉県 草加市