Monumento

kawa_sanpo

2015/04/18

Tags: ocr-generated 東京都 足立区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 内田銀蔵博士の生家
明治・大正期の一時代を画した日本経済史学の先駆者、内田銀蔵は明治五年
(一八七二) 正月二十五日、ここ千住仲町で江戸時代初期から続く川魚問屋の
老舗「与」内田与兵衛の長男として生まれました。銀蔵は家業を継ぐ立場に
ありましたが幼少の頃から学問好きで、千寿小学校での成績も抜群でした。そ
して学問の道を熱望したため父親も許し、地方裁判所に願い出て弟善蔵に与兵
衛の名跡を相続させ、学者の道に進みました。
明治二十二年、東京専門学校(後の早稲田大学)政治科に進学して経済学を
学び、さらに東京大学文科大学国史科に進んで二十六年に卒業、「日本経済史
及び史学と経済学との教育的価値」を課題として大学院で研究し、学会誌『史
学雑誌』に日本の古代・中世・近世における経済史関係の論文を次々と発表し!
ました。これが認められて大学院卒業後は東京大学の講師となり、わが国最初
の日本経済史を講義しました。経済史学の創始者と後々までも称えられる所以
はここにあります。
三十五年十月、二十九歳の若さで文学博士となり、翌年一月には文部省の外
国留学生として三年半の長きにわたりヨーロッパの歴史学・経済学を学び、そ
の間、主著『日本近世史』を刊行しました。
また、海外留学中にもかかわらず広島高等師範の教授に任命され、帰国後は
京都大学文科大学の教授も兼任して史学の道を切り開きました。史学といえば
現在も京都大学が一目おかれるのは、銀蔵が築いた研究室の在り方が伝統にな
っているからだと言われています。かくして四十年五月、三十六歳の時、京都
大学の専任教授となり、五年後には経済史のバイブル的存在『経済史総論』を
刊行しています。
第一次世界大戦後の大正七年(一九一八)、欧米各国に出張して翌年帰国し
ましたが、間もなく発病し、七月二十日、四十七歳の若さで他界しました。戒
名は「文教院智顕日明居士」、墓は日ノ出町四ニー」の清亮寺墓地にあります。
二〇〇六年五月
安藤昌益と千住宿の関係を調べる会

Texts

monumento
2018-03-28 13:30 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2017/10/10)
Tags: 内田銀蔵 博士 生家 東京都 足立区
wawa (2017/10/10)
Tags: ocr-generated 東京都 足立区
kawa_sanpo (2015/04/21)
Tags: ocr-generated 東京都 足立区
wawa (2017/10/10)
Tags: 自然真営道 東京都 足立区