Monumento

auto-translate Senju bridge After Tokugawa Ieya...

kawa_sanpo

2015/04/18

Tags: 徳川家康 松尾芭蕉 徳川慶喜 隅田川 1927 荒川区教育委員会 増田淳 素盞雄神社 千住大橋綱引 千住大橋 真山青果 将軍江戸を去る 名所江戸百景 伊奈忠次 東京都 荒川区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Senju bridge After Tokugawa Ieyasu enters Edo 0/1594 (1594), first built in Sumida River Bridge. Bridge construction is INA bizen Mamoru, next served as a magistrate, but the work was extremely difficult. Transmitted and fulfilled work so far Tadashi: pray for the Kumano shrine (6-Chome Minami senju), since whenever the bridge construction residues on repair of the Convention. Also small bridge was done until the middle of Edo, Tsukahara Tenno's (now great bird's nest male shrine) Tenno Festival rituals "senju Ohashi tug of war started. Originally built to now more about 200 meters upstream.
Reportedly was called senju Ohashi and was called simply "bridge" is cross-linked to the downstream. Senju Ohashi Nikko Road South of shiyake, senju-Juku (Arakawa-Ku) and North (Adachi-Ku) and signed, also positioned as the gateway of the Edo occupied many travellers.
Matsuo Basho who loved travel well from here travel to Oku no hosomichi, on leaving Edo Shogun in the drama of mayama is expressed as the stage of the journey to the last Shogun Tokugawa Yoshinobu Mito. The current steel bridge was progressed bridge engineer 0/1927 (1927), representing the Japan Masuda Atsushi's design. Among the earliest example extant of braced rib arch bridge.
Plate of the "bridge" is telling senju Ohashi bridge over 400 years of history.
Picture)-senju 大hashi "meisho Edo hyakkei" Arakawa Furusato (culture warehouse)
Arakawa City Board of education
--- INA tadatsugu

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 千住桥
德川家康进入江户 0/1594年后 (1594 年),初建于隅田河大桥。 桥梁施工是 INA 备前守,接下来担任裁判官,但工作很难。 传输和履行工作到目前为止宙: 祈求熊野神社 (6 丁目南千住),因为每当大桥施工残留对公约 》 的修复作用。 此外小桥做冢原天王江户中期之前,(现在大鸟的巢雄性神社) 日本国天皇节日仪式的"千住大桥争夺战开始。 最初建立到现在更约 200 米的上游。 据报道被称为千住大桥和被称为"桥"是交联到下游。
千住大桥日航道北和南部的 shiyake,千住补习 (荒川 Ku) (安达 Ku) 和签署,也定位为网关的江户占领很多游客。 松尾芭蕉热爱奥会也从这里旅行前往之细,而对于剧中离开江户幕府将军未表示为西游记 》 在去年的幕府将军德川义信户的阶段。
当前的钢桥是行运的桥梁工程师 0/1927年 (1927 年),代表日本增田淳设计。 其中最早的例子现存的支撑的肋拱桥。 板的"桥"就告诉千住大桥 400 多年的历史。
图片)-千住大hashi"名所江户 hyakkei"荒川古里 (文化仓库)
荒川市教委
---
INA tadatsugu

千住大橋
 文禄三年(一五九四)、徳川家康 が江戸に入った後、隅田川 に初めて架けた橋。架橋工事は伊奈備前守忠次が奉行を務めたが、工事は困難を極めた。忠次が熊野神社(南千住六丁目)に祈願したところ、工事は成就し、以来橋の造営の度に残材で社殿の修理を行うことが慣例となったと伝えられる。また、この架橋を機に、江戸中期まで行われていた小塚原天王社(現素盞雄神社)天王祭の神事「千住大橋綱引」が始まったという。当初は今より、二〇〇メートル程上流に架けられた。単に「大橋」と呼ばれたが、下流にも架橋されると「千住大橋」と称されるようになったと伝えられている。
 千住大橋は、日光道中初宿、千住宿の南(荒川区)と北(足立区)とを結び、また、江戸の出入口として位置付けられ、多くの旅人が行き交った。旅を愛した松尾芭蕉 もここから奥の細道へと旅立ち、真山青果 の戯曲「将軍江戸を去る」では、最後の将軍徳川慶喜 の水戸への旅立ちの舞台として表現されている。
 現在の鋼橋は、昭和二年(1927)、日本を代表する橋梁技術者増田淳 の設計により架け替えられた。ブレースドリブ・タイドアーチ橋の現存する最古の例である。「大橋」のプレートは、四〇〇年にわたる千住大橋の歴史を伝えている。
絵)千住の大はし「名所江戸百景」(荒川ふるさと文化館蔵)
荒川区教育委員会
---
伊奈忠次

Texts

ogaworks
2015-04-22 14:01 (586)
ogaworks

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/04/18)
Tags: ocr-generated 東京都 荒川区
kawa_sanpo (2015/04/18)
Tags: 高瀬舟 1845 荒川区教育委員会 両岸渡世向書物 手洗鉢 常夜灯 材木問屋 東京都 荒川区
wawa (2018/07/02)
Tags: 隅田川 荒川 源義家 熊野神社 荒川区教育委員会 伊奈備前守 文禄 問屋 川越 永承 奉行 奥州道 川越夜舟 秩父 集散地 東京都 荒川区
kawa_sanpo (2015/04/18)
Tags: 隅田川 源義家 荒川区教育委員会 1050 1594 川岸 東京都 荒川区