Monumento

kawa_sanpo

2015/03/28

Tags: ocr-generated 栃木県 日光市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated しゃ かとう じゅん し はか
栃木県指定史跡
栃木県指定史跡 釈迦堂殉死の墓及び譜代家臣の墓 24基
(東側43メートル、西側38メートル、南側12メートル、北側16メートル)
所有者 輪王寺 昭和56年10月27日 指定
本史跡は、雄大な女峰山の東南、大谷川北岸に前面する栃木県指定有形文化財(建造物)釈迦堂の西側にあり、総数24基の
墓碑がすべて釈迦堂本堂に東面して整然と立ち並んでいる。
これらの墓碑は、江戸時代には、前・中・後の3列で、前列(5基)が徳川三代将軍家光の殉死者5名の墓碑、中列(12基)と後列
(7人)か初代将軍家康・二代将軍秀忠の出来家臣の墓碑であった。しかし、明治31年(18AB)、田母沢川支流の根通川の水を田母沢
御用邸に引く用水工事のため、後列の7基が前列右側に移され、現在の2列になった。
○殉死の菜(5基)
慶安4年(1651)4月20日、徳川三代将軍家光の死に際して、利死した側近5名の墓碑
である。殉死したのは、堀田正彦(玄性院殿、老中・下総国佐倉城主)、可部重次(笠松
院殿、老中・武蔵国岩槻城主)、内田正信(理明院殿)、三枝守志(静心院殿)、奥山安重
(真澄院)の5名である。講座は、前列中央から右端までの5基が、この順で進んでいる。
殉死の理由はそれぞれにあったが、家光から特別な思頼をうけており、いずれも香方
の頭(観衛隊隊長)を勤めていたことも見出せないところである。
殉死は、一度に有能な家庭を失うことであり、後継者にとっては大きな痛手とな
ることから、寛文3年(163)四代将軍家綱の時代に、事時は死を禁止し、江戸時代を
通じて、この堀田らの殉死が最後となった。
なお、平成9年9月の保存整備工事の際、荷死した5基の墓から、分弄された遺骨
が発見された。
○譜代家臣の墓(19基)
殉死の墓5基を除く19基は、初代将軍家康二代将軍秀に仕えた重臣の基件である。
これらの家臣の墓碑は、当初東照宮奥の院の後にあったが、寛永13年(1636)、家康の
21回神忌の際に、仏岩谷にあったも眼大師天海大僧正制度の参道院に移された。
さらに4年後、サ道院とともに現在地に移転した。
栃木県教育委員会・日光市教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 15:34 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/03/28)
Tags: ocr-generated 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
Tags: ocr-generated 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
Tags: ocr-generated 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
Tags: ocr-generated 栃木県 日光市