Monumento

kawa_sanpo

2015/03/28

Tags: ocr-generated 栃木県 日光市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 輪王寺境内の文化財について
◆栃木県指定有形文化財(建造物)釈迦堂「棟
報道撃
死の事
我家臣の成
「この釈迦堂は妙道院の本堂で 以前は境内に敷くの建造物があった。 元来小道院は天海大僧正が寛永5年(1628)に仏岩谷に
創建し山内の菩提寺としたものを覚永17年(1640)に現在地に移建したものである。今でも現存するものは、表門を始め、八幡宮、
稲荷社、御興社 地蔵堂等が残っている。この釈迦堂の建立時期については、須弥壇上兵貞享四較新調した 歴代将軍の立派な
位牌があり、文政7年(1824)に修補と記されている。参道院及び釈迦堂は貞享元年の大火にて一度焼失しているが、この位陣に
よると大火の4年後に復興したものと推察される。 又須弥壇下から発見された棟札は最も古いものが 正徳元年(1711)次いで
元文3年(1740)、宝暦3年(1763)安永8年(1779)で相次いで修理され今日に至っていることが判明した。この建物の屋根
は寄棟りで検は極端に短く、鉄板すきであるが もとは指導きであったと思われる。全体的に飾り気のない建物であるが、堂々たる容姿は江戸時代初期のおもかけを
残し、正面の核唐戸と三方に設けた舞良戸との観組勾欄をつけない歌と向拝の虹梁や彫刻に江戸時代初期より中頃に至る特欲がよく表われている。
◆栃木県指定有形文化財(建造物)釈迦堂表門「棟
釈迦堂の正面にあり素木造りの簡素な表門である。屋根は切妻災板書きであるが、以前は釈迦堂とともにおそらく柿書きであったと推察される。釈迦堂の棟札によると
この表門は、貞享元年(1684)の大火で消失後、和運堂と共に貞享4年(1687)に復興しその後、正徳元年に造替したものと思われる。この表門は、破風の反や懸魚の舟状
などに、江戸時代の歴史がよく表われており、スパスのとれた 四脚門も江戸時代の基本様式の一つである。
◆栃木県指定史跡 釈迦堂殉死の墓及び譜代家臣の墓 24基
24基の墓碑は徳川三代将軍家光に殉死した家臣の墓碑5基と徳川初代将軍家康、二代将軍秀忠の譜代家臣の墓 19基てその吸年銘により慶長5年(1610)から
寧文8年(1668)の58年間に及び、およそ江戸時代初期のものである。碑の大きさは 基礎石を含め、大きいもので約39メートル、小さいもので約し6メートルもあり
表面には 法名、裏面には俗名と残年月日を刻銘し、それぞれ石田し、又中には石丁整を付するものもある。全体に大型で立派な堂々たる石塔群である。これらの
の多くは徳川幕府譜代大名の墓碑でなかでも 殉死者の5基の内、女性院殿(堀田正語)若松院殿(阿部竜次)は老中譜代家臣の内 宝地院(土井利解) 両面非探伝
(酒井忠勝)は大老、従四位下行信州大(永井尚政)は老中であったなど、当時幕閣にあって最高の権門、武門のものである。
栃木県教育委員会 日光市教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 15:34 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/03/28)
Tags: ocr-generated 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
Tags: ocr-generated 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
Tags: ocr-generated 栃木県 日光市
kawa_sanpo (2015/03/28)
Tags: ocr-generated 栃木県 日光市