Monumento

kawa_sanpo

2015/03/08

Tags: ocr-generated 栃木県 佐野市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 伊勢山神社のあま
「ま禄元年(一五九ニ4]安土桃山時代ま駅の後勝成天皇の
時代、伊勢の体験者が諸国を巡り、考地をおれ、毛野国の中央
にして且つ地であるとして、多神社が創建された。
伊勢大神を奉祀し年々伊勢大神 よりおれを迎え信後に
配やし、 小屋町の鎮守として大いに崇敬された。社 戒 はる 出
てあったが、火災のため記録を焼失し、その採知は知る由もない
江戸時代、寛永十年(一六年] 根藩領になる頃には
革に林と呼ばれ流した。然しながら、敬神の念なお強く、
述金子向(一六t ~」六八年)に社殿が建てられた。
その社が百年後の平成4年(一九九〇年)まで教されてきた
私感である。
明漁断により有となった土地を、明後十一年(一八七九年)
に山頂の一平を払い受け、その3 遠なる諸願により明彦
四十年(一九ot年)に山猫まで、本町地として入の許可
を得たため、社欧の修及び神楽感を断した。桜を越え、
荘厳さを兼ね備えた社として地域の奉拝するところとなった。
※ロである九月十五日・及び年月十五日には参拝者で賑わった。
現在の祭日は四月十五日・十月十五日のニ回行われている。
大正初期には、敏枝の老湖が鬱とし、高い山ではないが
もある風情があり、眺望は向け、風権な趣のある勝地として
ま折々* 告する者が絶えなかった。大正・昭和と移り社
が老朽化してきたのを頭に平成三年(一九九o]
の大当を記
念して町武の進を願 - 現在の社殿を断した。
平成二十二年十月吉日
ね 生町 伊勢山神社 本茶会
町内会没玩外有志一同驻書

Texts

monumento
2018-03-28 15:36 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/03/08)
Tags: ocr-generated 栃木県 佐野市
kawa_sanpo (2015/03/08)
Tags: ocr-generated 栃木県 佐野市
kawa_sanpo (2015/03/08)
Tags: ocr-generated 栃木県 佐野市
kawa_sanpo (2015/03/08)
Tags: ocr-generated 栃木県 佐野市