Monumento

第十二代横綱陣幕久五郎略伝

ogaworks

2014-11-24

Tags: ocr-generated 広島県 尾道市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 第十二代橫綱陣幕久五略
「陣幕は入れ(文政二年)島根県東雲町に生まれ、
幼名を慎太郎といった。少年の頃より力が強く、村の革横でも
相手がなく、将来相撲で身を立てようと十カオの時尾道
へ来た。初診久五郎の弟みとなり、回収等を「黒磯」と
名のる。師匠にその分量を見こまれ、娘の婿となった。
その点大阪へ上って朝の門に入り、更にふうたてるの
の部屋に入って修業を重ねた。八五六( 政です)
阿波藩のお抱え力士となり、「陣幕え五郎」と改名した。
翌年の正月場所で横綱不知火を破って、その心を天下に
とろかし、一八六七(慶応三年)三十カオにして第ニ
横綱の免許を授けられた。
陣幕は強剛無双の力士で、土俵生中度も「待った」
をしなかったことで知られ、その勝率は九六%の驚異的
な記録を残している。
引退点は、「横綱力士碑」を建てるなど、先輩の
顕彰に努め、相撲道発展のため大いに尽くした。
ROM(明治十六年)東京で没したが、妻とともに
白ひげをここに葬った。墓前に自作の「受けながら
風の押す手を柳かな」の句碑が建っている。
|
お墓の説明
向って右より
尾道での師匠、初久五郎の墓
初診の兄弟子 華山五郎の墓
私の師匠 外濠定五郎の墓
陣幕の子孫室谷家の墓
神幕 久五郎夫妻の墓
|||
|

Texts

monumento
2018-03-28 15:36 (0)
monumento

Comments/Photos

ogaworks ogaworks over 3 years

第十二代横綱陣幕久五郎略伝

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

ogaworks (2015/03/02)
Tags: ocr-generated 広島県 尾道市
ogaworks (2015/03/02)
Tags: ocr-generated 広島県 尾道市
ogaworks (2015/03/02)
Tags: ocr-generated 広島県 尾道市
ogaworks (2015/03/02)
Tags: ocr-generated 広島県 尾道市