Monumento

kawa_sanpo

2015/02/27

Tags: ocr-generated 東京都 墨田区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 橘守部の墓
所在 墨田区向島五丁目 四番号
江戸時代の国学者。天明元年(一七六)伊勢に生ま
れる。十七歳のとき江戸に出て、十年余り、芝新銭座
たは八丁堀に住み、その間はじめて国学に志したが
全くの独学であった。ニ十九歳のとき武州孝手に移り、
四十歳をすぎるころより守部と称した。四十八歳のこ
ろ再び江戸浅草州天山に居を定め池席と号した。出府
後まもなく「山彦冊子」を板行して名声をあげ、以来続
続と名著を出し、平田篤胤、伴信々、香川景樹らとな
らんて天係の四大家といわれた。嘉永二年(一八四ル)
五月ニ十四日、六十九歳で没し当寺に葬られた。守部
の学は、本居宣長の学説に対抗する意識をもって成立
しているといわれる。すなわち、宣長の「古事記伝」に
対し「日本書紀」神代巻および「記」「死」の歌話を訳した
「後成道別」「後成寺別」があり、「詞の玉の緒」に対し「助
辞本義一覧」などがある。
昭和四十五年十一月三日 建鉄
田区 区

Texts

monumento
2018-03-28 15:40 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/02/27)
Tags: ocr-generated 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2015/02/27)
Tags: ocr-generated 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2015/02/27)
Tags: ocr-generated 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2015/02/27)
Tags: ocr-generated 東京都 墨田区