Monumento

kawa_sanpo

2015/02/27

Tags: ocr-generated 東京都 台東区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 梅めぐり散歩道
梅と日本文化
梅は遣唐使がもたらした花木で、たちまち日本人に愛されるようになりました。平安時代になり、梅は上流社会の流行花木となり、和歌など
に多く歌われました。
他にまつわる話では、菅原道真が大宰府に左遷されたとき、庭の梅があとを追って飛んだ「飛梅伝説」が有名です。安土ED時には、中国
で愛されてきた松竹梅が日本化され、江戸時代からめでたいデザインとして鏡、櫛、衣装、陶磁器などに描かれるようになりました。また江戸」
時代には、機の品種が改良され紅、白、八重、一重、枝垂れなど200種以上の品種が創られ、梅の名所が各地に作られるようになりました。
江戸幕府開府から400年を経て、ここ隅田公園に桜に先駆けて春の訪れを知らせる梅を植栽し「極めぐり散歩道」を整備しました。
(参考文献:四季花ごよみ(春]、講談社ほか)
《梅の種類と特性〉
〈隅田公園に植えられている梅》
系 統 と 特 性
代表的な種類
原種に近いもので、丈夫。
野梅性
葉は比較的小さく、花は中輪で香り高い。 白 加賀(しろかが)
番の先がとがって、紅色をしているため
紅筆性
道 知辺(みちしるべ)
野梅系
「紅筆」とも呼ばれている。
紅 冬至(べにとうじ)
枝が細く茂り、葉は丸葉。
難波性
さし木でよく活着する。
影(つきかげ)
がくと若い枝が黄緑色をしている。
八重寒紅(やえかんこう)
青軸性
花は青白色である。
紅千鳥 (べにちどり)
道知辺(みちしるべ)
花色が明るい紅梅。若枝の色が緑色が
紅梅性 かっている。
紅梅のうち、花の紅色が濃いものがこの 紅 千鳥(べにちどり)
緋梅性
種である。
紅梅系
樹勢が弱く、若枝が黒褐色に日焼けする。
大 盃(おおさかずき)
紅梅のうちでも花色がうすく花が古くな
鹿児島紅(かごしまこう)
唐梅性
ると白っぽく変色する。
花柄が一般に長い。
否との雑種性の強いウメ。
花はピンクが多い。
豐後性
豊後梅(ぶんごうめ)
高(なんこう)
思いのまま
花ウメ、実ウメ両方ある。枝が太く大輪。 記 念 梅(きねんばい)
豊後系
このほか県服(くれは)、豊後梅(ぶんごうめ)、鹿児島紅(かごしまこう)
紅梅系に似るが、枝の切断
運(かいうん)
香 性
大番(おおさかずき)、八重寒紅(やえかんこう)などが植えられています。
面が赤い。
※ここでは代表的な分類を示しました。他の分類方法もあります。

Texts

monumento
2018-03-28 15:40 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/02/27)
Tags: ocr-generated 東京都 台東区
kawa_sanpo (2015/02/27)
Tags: ocr-generated 東京都 台東区
kawa_sanpo (2015/02/27)
Tags: 池波正太郎 鬼平犯科帳 葛飾北斎 1923 剣客商売 富嶽三十六景 595 601 真田太平記 1760 北斎漫画 墨田河紀行 東京都 台東区
kawa_sanpo (2015/02/27)
Tags: 東京都 台東区