Monumento

auto-translate Kyoto Northern District designat...

hanacoco

2015/02/17

Tags: 八幡神社 1641 赤紙仁王 石造金剛力士立像 東覚寺 吽形 神仏分離 auto-translate 東京都 北区

Guide plate text

auto-translate Kyoto Northern District designated tangible folk cultural property red NIO (kongorikishi statue of stone)

Kita-ku Tabata 2-7-3 East Temple East temple's worshippers put red paper with the name of' red' called kongorikishi statue (konngouriki fork elephant) is that from the inscription on the UN form (unngyou) back 0/1641 (1641) 8/21, in the era of the East Temple chief priest Kenichi Sheng monk named partwhere prior is a space (zouryuu) was.
It's was built according to one theory, at the time in Edo city epidemic and to quell this partwhere. Put a mobilization order in equal parts from the believed reason visitors to red post, do I pray so, heal illness, sick is customary. Is wishing straw sandals dedication to it is necessary. Probably, however, developed these folk's unique red NIO's of the Meiji era, was deemed to respect prices make health and good Walker Deva in the background, people of their own faith. This is because, had the manners and customs of praying for the illness in Japan around once and do similar.
That is, red NIO is also strongly expressing the citizenry in the cultural formation of subjectivity and uniqueness. Furthermore, red NIO gate of the Hachiman shrine in Tabata village until the end of the Edo period was (left figure). But was moved ago the shinbutsu bunri of the Meiji era, was once the East Temple kuhonji Temple (kuhonnbutsudou), after that so we had people praying.
Also, to 10/2008 due to road expansion works from the traditional position and moved 7 meters back, 8/2009 the completion of (shunnkou) the new gomado (gomadou) along with the future world where staring trend (trend). 9/2009, Tokyo, Kita-ku, Education Committee.

auto-translate 京都北区指定有形民俗文化财产红色 NIO (kongorikishi 雕像的石头)
北堀田畑 2-7-3 东庙

东寺信徒把红纸的名称 '红色' 叫 kongorikishi 雕像 (konngouriki 叉大象) 是从联合国形式 (unngyou) 上的铭文回 0/1641年 (1641) 8/21,时代的东庙首席祭司健一盛和尚命名的围事先是一个空间 (zouryuu)。它是根据一种理论,在江户城流行及平息这围的时候建成的。
动员顺序放到红柱子相信的原因游客的相等的部分,我祈祷等治愈疾病,生病是习惯法。祝草鞋奉献给它必要。或许,但是,开发这些民俗独特红色 NIO 的明治时代,被视为尊重价格使健康和良好的 Walker Deva 在背景下,他们自己信仰的人。这是因为,曾为日本病一次祷告的风俗习惯和做相同的事情。那就,红色 NIO 也强烈表达全体公民在主观性和独特的文化形态。
此外,红色 NIO 门的八幡神社在田畑村庄直到江户时代结束了 (图左)。但感动前明治时代,第 shinbutsu 禁止断曾经是 kuhonji 东寺 (kuhonnbutsudou),在那之后我们只好祈祷的人。此外,由于道路的 2008 年 10 到扩建工程从传统的位置和移动 7 米回来了,2009 年 8 月完成的 (shunnkou) 新的 gomado (gomadou) 和未来的世界在那里盯着趋势 (趋势)。
2009 年 9 月,东京,北町教育委员会。

東京都北区指定有形民俗文化財 赤紙仁王石造金剛力士立像
北区田端2-7-3 東覚寺

 参詣客が赤色の紙を貼るため’赤紙仁王’の名でよばれるようになった東覚寺の金剛力士立像(こんごうりきしりゅうぞう)は吽形(うんぎょう)の背面にある銘文から、寛永18年(1641)8月21日、東覚寺住職賢盛の時代に、宗海という僧侶が願主となって造立(ぞうりゅう)されたことが分かります。一説によれば、当時は江戸市中で疫病が流行しており、宗海は、これを鎮めるために造立したのだそうです。
 参詣客が赤紙を貼る理由は、そのようにして祈願すれば病気が治ると信じられてきたからで、具合の悪い部位と同じ個所に赤紙を貼るのが慣わしです。また、祈願成就の際には草鞋を奉納すべしとされています。ただし、赤紙仁王に固有のこうした習俗が発達したのは明治時代のことで、その背景には、仁王像を健脚や健康をかなえる尊格とみなす庶民独自の信仰があったと考えられます。なぜなら、かつて日本各地には病気平癒を祈願して行う類似の習俗があったからです。そのため、赤紙仁王は、文化形成における庶民の主体性や独自性を強く表現した作品でもあるのです。
 なお、赤紙仁王は、江戸時代の末までは田端村の鎮守である八幡神社 の門前にありました(左図)。しかし、明治初期の神仏分離 を機に、かつて東覚寺にあった九品仏堂(くほんぶつどう)の前に移され、以後はそこで人々のお参りを受けてきました。また、平成20年10月には、道路拡張工事のため従来の位置から7メートル後方に移動し、平成21年8月に竣工(しゅんこう)した新たな護摩堂(ごまどう)とともに、今後の世に趨勢(すうせい)を見つめてゆくことになりました。
平成21年9月 東京都北区教育委員会

Texts

hanacoco
2015-02-17 21:52 (0)
hanacoco
hanacoco
2015-02-17 19:42 (742)
hanacoco

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2015/02/17)
Tags: 東覚寺 赤紙仁王尊 金剛力士 疫病 阿像 吽像 草鞋 東京都 北区
hanacoco (2015/02/17)
Tags: 仁王像 八幡神社 源頼朝 暗渠 1867 赤紙仁王 東覚寺 田端八幡神社 品陀和気命 1189 奥州征伐 鶴岡八幡宮 神仏分離令 谷田川 田端富士三峯講 東京都北区教育委員会 東京都 北区
hanacoco (2015/12/24)
Tags: 坂 東京都 北区
gotosheng (2017/02/12)
Tags: 坂 芥川龍之介 東京都 北区