Monumento

kawa_sanpo

2015/02/14

Tags: ocr-generated 茨城県 水戸市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 被災と修復
「昭和20年(1945)の空襲で焼夷弾が
八卦堂を直撃し、八卦堂は全焼、弘道
館記碑の碑身(碑文の刻まれた石)は
倒れることはありませんでしたが、亀
裂や欠失、表面の浮き上がりを生じる
など大きな被害を受けました。
戦後は露天にさらされていました
が、昭和28年(1953)に八卦堂が復元
され、このとき弘道館記碑の碑身は両
側面・上面・背面を厚さ約45cmのコ
ンクリートで包まれ、台石は側面を厚 財団法人美術院による修復(正面と右側面)。側面の右側が背面コンクリート部分です。
さ約26cm、上面を約10cmのコンクリートで覆われ、保護されました。
昭和47年(1972)には、碑身の修復として、の背面を除くコンクリートの除去、2碑身表面の剥離止め
に樹脂溶液を塗布、表面の浮き上がった部分の下の空隙に樹脂を充填、正面左上の欠失箇所を樹脂
で整形、の亀裂に樹脂を充填、6側面・背面のコンクリート部分はFRP(繊維強化プラスチック)で包
んで補強して樹脂で塗装、がなされました。
平成23年(2011) 3月11日の東日本大震災で碑身の一部が崩落、動かすとさらに全体が崩壊しかねない
という状況でした。戦時中の八卦堂の火災により高熱にさらされ、亀裂が生じていたことが被害を大き
くしました。今回の修復工事では背面コンクリートや台石を覆っていたコンクリートを除去し、本来的
な形態に近づけました。失われた部分もありましたが、樹脂などを用いて石碑を強化し、できる限り被
災前の状態に戻しました。次に修復工事の様子を詳しくみて
みましょう。
詳細
右側面
正直

Texts

monumento
2018-03-28 15:44 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/02/14)
Tags: ocr-generated 茨城県 水戸市
kawa_sanpo (2015/02/14)
Tags: ocr-generated 茨城県 水戸市
kawa_sanpo (2015/02/14)
Tags: ocr-generated 茨城県 水戸市
kawa_sanpo (2015/02/14)
Tags: ocr-generated 茨城県 水戸市