Monumento

kawa_sanpo

2015/02/11

Tags: ocr-generated 神奈川県 茅ヶ崎市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 第六天神社 由緒
御祭神

命(オモダルノミコト)
妹 阿夜訶志古泥命(イモアヤカシコネノミコト)
ご祭神は、神仏混淆時代の仏教で信奉する欲界天の第六、欲界天の最高所に宮殿
を構える天魔、他外自在天に由来し、明治維新後政府の神仏分離の布告により、ご
神徳に因み、国生み神話天神七代の神々の内の、第六代の男女二柱の天津神様であ
ります。
分布の傾向に特徴があり、西日本は皆無に近く、東京都と千葉県境に多く所在し
神奈川県では宗教法人格を持つのは「神社、全国で「洞」ようの社も含め三百有余
社が数えられます。
神々の中では、初めて人間のような容姿と賢い知恵を持ち合わせた大神様です。
御神徳 由緒
身の丈は二里(八キロ・昔は大きいということは健康であることの象徴でした)
寿命は人間の千六百歳を一年として、「万六千歳の長寿であられ、それに因み、身
体壮健、不老長寿、社前の東海道を上下する旅の人々の道中安全の守護神として
又、世の楽しみを自在に自己の楽しみに替える霊力に因み、満願成就への導きの神
として信仰されております。
「古くは、第六天神社は多く祀られており、織田信長の信奉は特に篤く、後の豊臣
赤吉は信長が天下を執るほどの強大な力を持ったことは、第六天の強靭な神威を載
いたことによるものと、恐れて廃寺を行ったと伝承されております。
その中で郷民により神社名を変更したり、合祀、相殿、末社として秘かに守り信
仰されてきた第六天神社です。
「第六天様という強靭なご利益を持たれる神様を氏神様としている氏子さんは幸せ
ですね」と参拝に訪れる方もおり、天魔とも恐れられる強い力を戴きたいと、近県
よりも参拝祈祷を受けにこられる方もおられます。
創立年代、創立者等不詳。文献では、江戸幕府編集の新編相模風土記(十二代
将軍家慶の時代・天保十二年)に初見されます。
御末社
八坂 神 社
御 案 内
初宮 七五三詣 厄祓い 交通安全渡航安全 家内安全 事業安全
商売繁盛等の御祈祷、地鎮祭 竣工祭 新築 家滅等の出張諸祭のご奉仕も
承ります。
鎮座地
神奈川県茅ヶ崎市十間坂三丁目十七巻十八号
電話番号 ○四六十

Texts

monumento
2018-03-28 15:47 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/02/11)
Tags: 安藤廣重 安藤広重 東海道五十三次 神奈川県 茅ヶ崎市
kawa_sanpo (2015/02/11)
Tags: 徳川家康 関東大震災 安倍清明 相模川橋脚 稲毛三郎重成 鎌倉権五郎景正 大庭平太景能 山城四朗兵衛尉 伊勢八郎 馬場儀兵衛 成瀬五左衛門重治 神奈川県 茅ヶ崎市
kawa_sanpo (2015/02/11)
Tags: 徳川家康 1601 茅ヶ崎市教育委員会 神奈川県 茅ヶ崎市
kawa_sanpo (2015/02/11)
Tags: 徳川家康 一里塚 東海道宿村大概帳 茅ヶ崎市教育委員会 東海道巡覧記 神奈川県 茅ヶ崎市