Monumento

auto-translate This signpost is built as a guid...

wawa

2018-08-29

Tags: 江戸時代 道標 室町時代 高野山 道しるべ 宝暦 旅人 商業都市 京都 風俗 東高野街道 民家 防火用水 富田林寺内町 石川 南河内 刻字 段丘 銘文 きせる きざみタバコ タバコ 硝石 火種 富田林市教育委員会 大阪府 富田林市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate This signpost is built as a guidepost on the Higashi Takano Highway leading from Kyoto to Mt. Takano, and it must have been erected in November from the inscription of the calendar year (1751). I understand. Constructed on the Ishikawa terraces at the end of the Muromachi period, Tondarinjiuchimachi developed as the best commercial city of Minamikawachi throughout the Edo period, and many travelers came back through the Higashi Takano Highway. “Kuwa Hekiseru” (Note 2) and “Hinawa Fire” (Note 2) are one of the necessities carried by the traveler at the time, and they often represent the customs of the Edo period journey. The inscription on the signpost calls for a fire warning in the town. In Terauchi town, there are many straw-roofed houses, and because of the heights, the water service is bad, and the whole town has paid close attention to fire prevention. In addition to this signpost, there are fire protection water facilities in the north of Ichiriyama Town and Toyama Town, which are known as guards, and it is possible to know that the townspeople have protected the town with a spirit of coexistence and co-prosperity. There are still more than thirty Edo period buildings in Terauchi town. There are no adults, and the old town remains, probably because one of these people was aware. Note 1 is a tool for smoking tobacco, which is now a term for holding cigarettes. Note 2 The fibers of bamboo and Hinoki skin are lined-up to absorb the salt and make the fire seed.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 这个路标是从京都到高野山的Higashi Takano高速公路上的路标,它必须在11月的日历年(1751年)的铭文上竖立起来。我明白了在室町时代末期在石川梯田建造,Tondarinjiuchimachi在江户时代发展成为最佳商业城市Minamikawachi,许多旅行者通过Higashi Takano高速公路回来。 “Kuwa Hekiseru”(注2)和“Hinawa Fire”(注2)是旅行者当时携带的必需品之一,它们经常代表江户时代旅程的习俗。路标上的铭文要求在镇上发出火警。在Terauchi镇,有许多稻草屋顶的房屋,由于高度,供水服务不好,整个城镇都非常关注防火。除了这个路标外,在Ichiriyama镇北部和富山镇都有防火用水设施,这些设施被称为警卫,并且可以知道市民以共存和共同的精神保护了城镇。在Terauchi镇还有超过30个江户时代的建筑物。没有成年人,老城区仍然存在,可能是因为其中一个人知道。注1是吸烟的工具,现在用来装香烟。注2竹子和桧木皮的纤维排成一排,吸收盐分并制成火种子。

町中 くわへきせる ひなわ火 無用

この道標 は、京都 から高野山 に通じる東高野街道道しるべ として建てられ
たもので、刻字 から宝暦 元年(一七五一)十一月の建立であることがわかります。
室町時代 の末期、石川段丘 上に建設された富田林寺内町 は、江戸時代 を通じ、
南河内 随一の商業都市 として発展し、東高野街道を通って多くの旅人 が往き来
しました。
『くわへきせる』(注2)や『ひなわ火』(注2)は、当時の旅人が携帯した必需品
の一つで、江戸時代の旅の風俗 をよく表しています。
道標 に刻まれた銘文 は、町の中での火の用心を呼びかけたものです。寺内町
には、わら葺きの民家 が密集し、高台ゆえに水の便が悪く、町全体が火事の予
防に細心の注意を払ってきました。この道標以外にも、北の一里山町や富山町
には用心掘と呼ばれる防火用水 の施設があり、町衆が共存共栄の精神で町を守
ってきたことをうかがい知ることができます。
寺内町には、今なお三〇棟余りの江戸時代の建物が残されています。大人が
無く、古い町並みが残ったのも、一つにはこんな気づかいがあったからかも知
れません。
注1 きせる とは、きざみタバコ を吸うための道具で、今でいうくわえタバコ のこと
注2 竹・ひのきの皮の繊維を縄状にし、硝石 を吸収させ火種 としたもの
富田林市教育委員会

Texts

wawa
2019-05-25 19:25 (14)
wawa
monumento
2019-05-25 19:18 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa 3 months

火の用心の道標 富田林市富田林町16

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2019/05/25)
Tags: 日本の道100選 建設省 一向宗 門徒 寺内町 宝暦 顕彰碑 城之門筋 興正寺別院 自治都市 土居 古図 富田林寺内町 道の日 近世自治都市 近世 町割 大阪府 富田林市
wawa (2019/05/25)
Tags: 江戸時代 幕府 幕末 寺内町 永禄 京都 水運 東高野街道 興正寺別院 富田林寺内町 興正寺 石川 交流館 宗教自治都市 証秀上人 木戸門 千早街道 陸運 商業 酒造業 俗謡 大阪府 富田林市
wawa (2018/08/27)
Tags: 寺内町 桃山城 市場筋 旧杉山家 城之門筋 興正寺別院 鼓楼 妙慶寺 浄谷寺 auto-translate 重要伝統的建造物群保存地区 日本の道100選 道標 東高野街道 富筋 大阪府 富田林市
wawa (2019/05/25)
Tags: 町家 重要伝統的建造物群保存地区 商人 寺内町 庄屋 永禄 東高野街道 桶屋 酒造 年寄役 職人 門跡 大工 日本の道百選 絵図 油屋 富田林寺内町 興正寺 証秀 上人 自治的都市 特権 富田林街道 石川 南河内 商業地 米屋 布屋 紺屋 鍛冶屋 樽屋 町並み 大阪府 富田林市